ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<248> マイクロソフトの【 Fix it 】でパソコンの様々な問題を自動修復する

2014年04月07日 | ◆Windows OS

マイクロソフトの Fix it 】 (フィックス イット) とは、パソコンに問題が生じた場合の対処策として、マイクロソフト社が提供している自動修正オプションです。
Windows OSなどのソフトウェアに問題が見つかった場合、レジストリの設定変更などの複雑な操作をすることなく、問題の回避を実行することができる仕組みが Fix it 】です。

レジストリ (registry) とは、Windows OS で用いられている設定情報のデータベース。OSに関する基本情報やアプリケーションの設定、拡張情報などの他、拡張子の関連付けやユーザーパスワードなども保存されている。


ユーザーは、不具合を解消するためのMSIファイル(マイクロソフト社純正のインストールパッケージファイル) をダウンロードして実行します。

例えば、次のような問題の修復に役立てることができます。
●パソコンが重い、パソコンの動作が遅いなどの問題
●デスクトップ アイコンが動かないなど一般的なシステムの問題
●ファイルやフォルダーを削除できない、コピーできない、移動できない、ファイル名やフォルダー名を変更できない、などの問題
●Windows Update が機能していない、更新出来ない、失敗するなどの問題


【 Fix it 】アイコンがついたサポート技術情報は、マイクロソフト社のサポートオンライン上にある≪ Fix it ソリューション センター≫から実行することができます。
これにより、コンピューターは推奨されている修正をすべて自動的に実行します。


■Microsoft Fix it ソリューション センターを開く
http://support.microsoft.com/fixit/ja-jp ・・・(下記画像参照)

=3ステップで問題の自動修正を実行します=
1.修復したい項目を選択する。
2.具体的な問題の種類をせんたくする。
3.該当する「解決策」を選択して実行する。


 
■ ちなみに [パソコンが重い、パソコンの動作が遅い] 時は、下記画像の手順で実行する。

 (クリックして拡大)

 

『ソフトウェア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <247> Windows XP & Micros... | トップ | <249> PDFに直接文字や図が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。