ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。
 




 

Word を使っていて、時には便利だけど普段はあまり使わない ちょっと邪魔に感じることのある機能の一つに「オートフォーマット機能」があると思います。 例えば、段落の頭に (1.・・・) と入力し改行キー [Enter] を押すと、次の段落の先頭に(2.・・・) と言う番号が自動的に入力表示されます。 いわゆる 「箇条書きの自動設定機能」 が働きます。 (○、△、◇) 等の記号を文頭に設定した場合も、同様に 「箇条書きの自動設定機能」 が働きます。 その他、段落の先頭に (全角の空白) を入力し、続けて [Enter]キーで改行すると、空白がインデント ( 字下げ ) に置き換わり、その後も改行の都度インデント ( 字下げ ) されます。 ★ 番号付き箇条書きの自動設定機能 ★ 番号なし箇条書きの自動設定機能 ★ 先頭の空白をインデントする機能 これらは「オートフォーマット」と呼ばれる機能で、効率的に編集作業を行うために設けられた機能なのですが、普段は逆に手間のかかる場合も多いかと思います。これらの機能をあまり使わない場合には  「オートフォーマット」 を無効にしておきます。 ● 「オートフォーマット」 を無効にする。 Word 画面の 「ツール」 → 「オートコレクトのオプション」 → 「オートコレクト」 → 「入力オートフォーマット」タブ→ 次の3項目のチェックを外し→「OK」

□ 行の始まりのスペースを字下げに変更する □ 箇条書き(行頭文字) □ 箇条書き(段落番号)

 



親サイト〔情報リテラシーの研究〕へ  情報リテラシー研究 http://21hobo.com/ 
 発行者:hobo youichi (pen name 浅香拓郎)
連絡先:yh@21hobo.com








« <075> Word 目... <077> パソコン... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。