ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<031> スクリーンセーバーにパスワードをかける

2007年01月31日 | ◆セキュリティ

セキュリティ対策として「パスワード」を手動で起動する(参照 <029>)だけでも一定の効果はあると思いますが、「スクリーンセーバー」の復帰にパスワードをかけると更にセキュリティ効果を上げることが出来ます。 ※ 但し、この「パスワード」が有効なのは、下記の設定によって『待ち時間』が来れば「スクリーンセーバー」が自動起動する場合であります。 手動で「スクリーンセーバー」を起動した場合は、設定した『待ち時間』が到来するまで「パスワード」の機能は有効になりません。 デスクトップの何もないところで右クリック→「プロパティ」→「スクリーンセーバー」タブ→好みの「スクリーンセーバー」を選択後→「パスワードによる保護」にチェックを入れる→スクリーンセーバーを自動起動させる「待ち時間」を設定→「OK」 ※ 手動でスクリーンセーバーを起動し、且つパスワードもすぐに有効になるようにするには、一時的に「待ち時間」を≪1分≫に設定します。

待ち時間が到来するとスクリーンセーバーが動き出し、復帰するには「パスワード」の入力が必要になります。 ここで入れるパスワードは「ログインパスワード」になります。したがって、事前に「ログインパスワード」を設定しておかなければなりません。 ※ ログインパスワードについては・・・≫ 参照 <030>

ジャンル:
便利な使い方
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <030> パソコンをパスワー... | トップ | <032> ファイル選択の切り替え »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。