ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<124> 大きなファイルの送信には「転送サービス」を利用する

2007年11月14日 | ◆メール操作

 


(デジカメで撮った50枚の写真をまとめて一度に送りたい!) とか (仕事上でどうしても大きなファイルを送らなければならない!) などの必要に迫られる場合もあるでしょう。

しかし、あまりに容量の大きいファイルを添付ファイルとして送ると、相手が添付ファイルを受信するのに長い時間かかってしまいます。その間、他の操作に支障を来たすことにもなります。又、プロバイダで制限しているメールの容量制限に引っかかることもあります。

一般的に添付ファイルは、最高でも 1 MB 以内に容量を押さえて送るのがマナーとなっております。添付ファイルの容量を調べるには、そのファイルアイコンを右クリックして「プロパティ」を開くとその容量を知ることが出来ます。

      参照: <095> ファイルの 「サイズ」 と 「ディスク上のサイズ」 の違い
     http://blog.goo.ne.jp/yh-asaka/e/f42a22bad36f5dfe81de7a5a332d6f15



では、大きなファイルを送りたい場合にはどうすればいいでしょうか?
そんなときに便利なのが「ファイル転送サービス」です。これはメールでは送れないような容量の大きいファイルをネット上に一時預かったくれるサービスで、Webを利用してファイルを送受信するものです。


ここでは、100MBの容量を無料で転送してくれる <データ便> と言う名前のサイトをご紹介します。

<データ便> http://www.datadeliver.net/service.do


 images
(クリックすると拡大されます)



  ==サービス利用の流れ==

(1) Webブラウザで 「転送サービス」 のWebサイトにアクセスしてファイルを転送する。
(2) 「転送サービス」 のサイトにファイルが保管される。
(3) 保管された場所の 「URL」 が相手に送信される。
(4) 相手は(3)の 「URL」 を開いてファイルをダウンロードする。


images
(クリックすると拡大されます)


 

『ソフトウェア』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <123> リンクの下線を表示... | トップ | <125> Word=アンカー(錨... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
宅ふぁいる便ブログへようこそ♪ (宅ふぁいる便を使いこなそう【無料サービスの宅ふぁいる便】)
大容量ファイル転送の無料サービスを提供・・・宅ふぁいる便!!このブログでは宅ふぁいる便に関する情報をお届けするブログです情報量が多すぎて、知りたい情報を得ることができなくならないようこのブログでは、宅ふぁいる便に関する情報を★大阪ガス★メ...