ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<178> Word (キー入力で自在に罫線を引く)

2009年03月03日 | ◆Office
アレキサンダー・チェン作:ヨセミテ国立公園




Word で罫線を引く時、一般的には「罫線機能」を呼び出してマウスを使って引きます。もっと手っ取り早く罫線を引くにはキーボードを使います。一般的に良く利用する罫線の種類は、細い罫線、太い罫線、二重線、などではないでしょうか。これらの罫線はキーボードを使い下記の要領で引くことができます。



■ 細い罫線を引く
1.キーボードの <ほ> のキーを3回押して〔ー〕(長音符)を3つ入力する。
2.(日本語入力ONの場合)Enter キーを2回押す。
  (日本語入力OFFの場合)Enter キーを1回押す。



■ 太い罫線を引く
1.Shift キーを押しながら、キーボードの <ろ> のキーを3回押して
  〔 _ 〕(アンダーバー)を3つ入力する。
2.(日本語入力ONの場合)Enterキーを2回押す。
  (日本語入力OFFの場合)Enterキーを1回押す。





■ 二重線を引く
1.Shift キーを押しながら、キーボードの <ろ> のキーを3回押して
  〔=〕(イコール)を3つ入力する。



2.(日本語入力ONの場合)Enterキーを2回押す。
  (日本語入力OFFの場合)Enterキーを1回押す。








※ 引いた罫線の長さはインデントで調整することが出来る。
  (範囲選択した後インデントするとまとめて操作が出来る。)
  (1本だけインデントするときは、その線だけにカーソルを置いてインデントする。)





※ 右インデントでも同様に長さを調整することが出来る。



ジャンル:
セキュリティー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <177> スクリーンショット... | トップ | <179> PDF閲覧をスピードア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。