ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<045> 「送る」機能で作業効率をアップする(WindowsXP)

2007年02月14日 | ◆Windows OS

※ このページは(WindowsXP)対象の記事ですので、(Windows7/Vista)については下記をご覧下さい。
http://bit.ly/1cxf3EE> 『<240> Windows7(Vista) の『送る』機能を使う』 


ファイルやフォルダを右クリックすると、その中に「送る」メニューが表示されますが、これを利用して処理効率をアップすることが出来ます。(処理内容については下記の表を参照))

<「送る」メニューの初期設定項目>

例えば、WordやExcelのファイルを送る際、「送る」メニューの <メール受信者> をクリックすると、メールソフトが自動的に立ち上がり、メッセージ作成ウィンドウの添付ファイルとして置かれます。

「送る」メニューの初期設定項目は一般的に上記の項目で構成されておりますが、必要に応じて新たな項目を「送る」メニューの中に入れ込むことが出来ます。

● 「送る」メニューが格納されている 『SendTo』 フォルダに新たな項目を追加する。

※ 「送る」メニューは SendTo』 という(隠しフォルダ)に格納されておりますので、まず(隠しフォルダ)を表示するように設定します。 (1)すべてのファイルとフォルダを表示する

「マイドキュメント」など何れかのフォルダを開く→メニューの「ツール」→「フォルダオプション」→「表示」タブ→ ≪すべてのファイルとフォルダを表示する≫ にチェックを入れる→「OK」

(2)『SendTo』 フォルダを開く

「スタート」ボタンを右クリック→「エクスプローラ」→「Documents and Settings」→「Owner (それぞれのユーザー名)」→『SendTo』をクリックすると右側に「送る」メニューが表示される。



----------------------------------------------------
 ※ (Windows Vista)の場合は『SentTo』の保存先が違います。
「スタート」を右クリック→「Cドライブ」→「ユーザー」→「AppData」
→「Roaming」→「Microsoft」→「Windows」→「SendTo」
----------------------------------------------------

(3)新たに「送る」メニューに入れ込む項目を、(2)で開いた『SendTo』フォルダへドラッグする

例えば、プリンタを 『SendTo』 フォルダに追加するには、「スタート」又は「コントロールパネル」などを開いて、そこに表示されたプリンタアイコンをドラッグ→プリンタのショートカットアイコンが 『SendTo』 へ追加されます。

以後、印刷したいファイルの上で右クリック→「送る」→「プリンタ」と指定すれば、すばやく印刷処理へ進むことが出来ます。

その他「解凍ソフト」など、よく使うソフトやフォルダを登録しておくことで、効率よく作業を進めることが出来ます。

 

ジャンル:
便利な使い方
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <044> 「受信フォルダ」の... | トップ | <046> 大切なメールは色が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「Windows XP」のサポート期間が終了したらPCの買い換えは必要?問題と対策・2014年4月9日でサポート終了! (映画見聞録)
米Microsoftが2001年10月にリリースしたOS「Windows XP」のサポート期間が、今年2014年4月9日に終了を迎えます。新年が明け、Windows XPサポート終了の日まで100日を切りました。 パソコンの基本性能が低いため、WindowsXPからWindows7やWindows8.1へのアップデートは止め...