ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<240> Windows7(Vista) の『送る』機能を使う

2013年06月28日 | ◆Windows OS

ファイルやフォルダを右クリックすると『送る』という項目が表示されます。大変便利な機能ですので、是非活用したいものです。『送る』 にマウスを合わせると、<SendTo> というフォルダにメニューの一覧表示されますので、ここで<送り先>を指定します。

 例えは、「a写真」「Aフォルダ」に保存しようとする場合、「a写真」を右クリック→『送る』「Aフォルダ」を指定すれば、直ちに目的のフォルダに保存することができます。

 

 

初期設定のままでは、<SendTo> には限られた項目しか表示されませんので、自分なりに必要な項目を<SendTo> に入れ込んで利用します。 WindowsXPでは<SendTo>フォルダの場所が分かりやすかったのですが、 Windows7(Vista) の場合かなり深いところに入っておりますので、それを探し出すのが面倒で、ついつい 『送る』 機能を利用しなくなっていいる人が多いようです。

※【参考】 WndowsXP の『送る』機能 ⇒ http://bit.ly/16DB8QJ


Windows7(Vista) の<SendTo>を表示する。

<SendTo>フォルダは、初期設定では「隠しフォルダ」になっておりますので、まず事前に表示されるように設定しておきます。
何れかのフォルダを開く(どのフォルダでもOK)→メニューの「ツール」→「フォルダオプション」→「表示」タブ→<隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブをひょうじする>にチェックを入れ→「OK


<SendTo>フォルダはエクスプローラの下記の場所に置かれております。
★「C:\Users\ユーザーアカウント\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo」
※ (Windows8も同じです。)

<SendTo>を、上記のエクスプローラをたどって開くのは面倒ですので、下記の方法で簡単に開きます。

① 「ファイル名を指定して実行」に<shell:sendto>と入力→「OK」
※ (Windowsアイコン+R)を押すと「ファイル名を指定して実行」を表示できます。



※ (参考)Windows7に「ファイル名を指定して実行」を表示する


 

② 「スタート」ボタン→「検索ボックス」に<shell:sendto>と入力して開く

 

 

 「SendTo」フォルダが開いたら、保管しておきたいフォルダのアイコンやショートカットをドラッグ(コピー又は移動)します。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <239> 何でもそのままJPEG... | トップ | <241> Web 閲覧中の広告を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。