ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<067> 「メモ紙」 をデスクトップに貼り付けておく

2007年03月15日 | ◆Windows OS

 

用件を忘れないようにちょっとメモした紙を、デスクトップの常に目に止まるところに貼っておけば、何かと便利ではないでしょうか。 Windows XP では、下記の手順で 「メモ紙」 をデスクトップに貼り付けておくことが出来ます。(使い慣れれば結構便利に使えると思います。)

1. 「マイ コンピュータ」の「Cドライブ」を開き、開いたウィンドウの何もないところで右クリック→「新規作成」→「テキスト ドキュメント」をクリックします。

2. 作成された新規文書にファイル名をつけます。 ファイル名は自由につけられますが、必ず≪.txt≫ の拡張子は付けておきます。  今回 【メモ帳.txt】 というファイル名をつけてみました。

3. デスクトップを右クリック → 「プロパティ」 → 「デスクトップ」 タブ → 「デスクトップのカスタマイズ」 ボタンをクリック → 「Web」タブ → 「新規」ボタン

4. <場所> の欄に半角キーボードから ≪c:¥≫ と入力します。  次に、ドロップ ダウン リストの中から作成した【メモ帳.txt】を選択→「OK」

 5. 場所の欄に <c:メモ帳.txt> と表示される→「OK」→「OK」と続けてクリック

6. デスクトップ上に白紙の「メモ紙」が表示されるので、その上で右クリック→「ソースの表示」

7. 作成した「メモ帳.txt] が開くので、メモしておきたい内容を入力して「上書き保存」→「×」閉じる

8. 再度、「メモ紙」の上で右クリック→ 「最新の情報に更新」をクリック

9. 入力した内容が表示され、デスクトップに【メモ帳】が貼り付けられます。 【メモ帳】の上部にカーソルを置くとウィンドウの枠が表示され、ドラッグすることにより【メモ帳】の場所を自由に変えられます。

10. 【メモ帳】に追加記入するときは、上記(6,7,8)を繰り返します。 デスクトップに作成した【メモ帳】の上で右クリック→「ソースの表示」→記入用の「メモ帳」に用件を記載し→「上書き保存」→「×」閉じる→再度「メモ紙」の上で右クリック→「最新の情報に更新」


≪補足≫ デスクトップに作成した【メモ帳】を「×」閉じるボタンで終了してしまった場合は、上記(5)の<c:メモ帳.txt>のチェックが外れますので、再度チェックを入れるとデスクトップに【メモ帳】を表示されます。

 

ジャンル:
便利な使い方
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <066> 既存のファイルを元... | トップ | <068> Yahooカレンダーを予... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。