ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<097> パソコン内のファイル検索を「インデックス」で高速化する

2007年06月25日 | ◆Windows OS


パソコン内には自分で保管したファイルを含め大量のデータが格納されております。その中からファイルを見つけるのは結構大変な作業です。すぐに探し出すのが困難だと思ったらパソコンに付随している 『検索』 機能を使ってみます。               

                          「スタート」 → 「検索」

初期設定のままで検索を行うと、指定した検索範囲内にあるファイルをくまなく探していくため検索が完了するまでかなりの時間を要してしまいます。Windows XP の「インデックス サービス」を利用すると、検索の速度をアップすることが出来ます。次の図の通り 「設定を変更」 を行います。  

「設定を変更する」→「インデックスサービスを使う」

 

インデックスサービスを有効にしますか?→「はい」→「OK」

 インデックスサービスとは、パソコンに格納されているファイルからキーワードを抽出して(インデックス「索引」)を作成、データベースを構築する機能です。 (Windows Vista では、この機能が最初から設定されております。) この作業は、パソコンで他の作業していないときに、自動的にパソコン内にあるファイルやフォルダの (インデックス「索引」) が作成されます。  このサービスを有効に設定した最初の段階は、作業の終了にある程度の時間がかかります。 一度作業が完了すれば、あとは追加・変更のあったファイル情報のみ、追加・変更されていきます。

  インデックスを使った検索技術は、『Googleデスクトップ』検索(当ブログ<036>にて紹介)においても利用されております。『Googleデスクトップ』検索は、インターネット検索と同じ感覚でパソコン内のファイルも同時に検索されるものです。

ジャンル:
便利な使い方
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <096> 応答しないソフトを... | トップ | <098> パソコンの動きを早... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。