ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<046> 大切なメールは色が付いた状態で受信する

2007年02月15日 | ◆メール操作

 得意先からのメールなど、決して見落としてはならない受信メールには、受信した時点で自動的に色が付くように設定しておけば安心です。 メールソフトのメッセージルールで簡単に設定することが出来ます。

 

■ 重要な受信メールに色を付ける

★ Windows Liveメール

メニュー「フォルダー」 → 「メッセージルール」 → 「新規作成」ボタン → <差出人にユーザーが含まれている場合 → 相手のアドレスを入力>→<指定した色で強調表示する → 色を指定する


★ Outlook Express

(1) メールソフト(OE)の受信トレイを開く → 色をつけたいメールをクリックして青く反転させる →メニューの「メッセージ」→「メッセージルールを作成」→「新規のメールルール」ダイアログボックス を表示する。

(2) 「新規のメールルール」ダイアログボックス で3つのルールを設定する。   

1.ルールの条件   「送信者にユーザーが含まれている場合」 にチェックを入れる。   

2.ルールのアクション・・・(スクロールして)「指定した色で強調表示する」にチェックを入れる。   

3.ルールの説明   「指定した色」をクリックする。

(3)「 色の選択」ボックスが表示されるので、任意の色を指定する。

※ 次回の受信時から色が付いた状態で受信されます。  (重要メールの相手により色分けして設定します。)

 

ジャンル:
便利な使い方
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <045> 「送る」機能で作業... | トップ | <047> グーグル(Gloogle)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。