ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<223> ワンタイムパスワードとは

2012年02月25日 | ◆セキュリティ

ポール・セザンヌ





昨今 ネットバンキングを利用されている方も多いと思います。最近パスワードを盗聴され、なりすましによるネットバンキングの被害が多くなっております。そのため各金融機関ではセキュリティ対策の一つとして、ネットバンキングにワンタイムパスワードを利用することが多くなりました。

ワンタイムパスワードを利用すれば、複雑なパスワードをいちいちおぼえる必要がありません。又暗記するのが大変だからとパスワードをメモに残したためにそこからパスワードが漏えいしたり、おぼえやすい簡単な文字列にしたためにパスワードが類推されてしまう、と云った被害から守られます。

ついては、今ここでワンタイムパスワードの仕組みについて心得ておくことも必要かと思います。


◆ ワンタイムパスワードとは
ワンタイムパスワードとは、一回しか使えない使い捨てのパスワードを毎回発行して、オンラインバンキングなどの本人認証を行う技術です。一つの例として、当該金融機関に利用申し込みをすると、トークンと呼ばれるキーホルダー型のパスワード生成器が送られてきます。届いたトークンのボタンを押すとパスワードが表示されるので、これを当該サイトに入力して本人認証を行います。

トークンには、キーホルダー型の他に、ICカード型やUSBキー型、パソコンにインストールするソフトウェア型などがあります。又楽天銀行などのように携帯電話を利用する場合もあります。携帯電話にワンタイムパスワード機能(トークン)をダウンロードして利用します。

パスワードの有効時間は1分間程度であり、又一度使用すると無効になります。不正にアカウントを利用される危険性は極めて低くなります。ワンタイムパスワードはフィッシング詐欺などによるパスワード盗聴に対して極めて有効な対策と云えます。


<au one net インターネットガイド>より引用


※ IT用語辞典 e-Words より「ワンタイムパスワード」:http://goo.gl/zVlXd
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <222> You tube の閲覧履歴... | トップ | <224> Win7 / vsta で手早... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。