ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<039> 離席の際、手動で「スクリーンセーバー」を起動する

2007年01月29日 | ◆セキュリティ

職場には外部の人が出入りすることもあるでしょう。 外部には見せてはならない書類も沢山あります。 又、社内の人に対しても、ディスプレイ上に自分の書類をおおっぴらに広げたままにしておくのは好ましくないでしょう。

離席の際、すぐに「スクリーンセーバー」が起動出来るよう、「スクリーンセーバー」のショートカットアイコンを、デスクトップに作成しておけば便利です。

●「スクリーンセーバー」のショートカットを作成する。

(1) 検索で「スクリーンセーバー」の本体を探す。
「スタート」→「検索」→「ファイルとフォルダすべて」→検索窓に<.scr>と入力→探す場所の下向きチェック [▼] をクリック→「参照」→<フォルダの参照画面>→「マイコンピュータ」→「ローカルディスク(C)」→「WINDOWS」→『system32』をクリックする。
探す場所が『system32』と指定される。→「OK」


【注】 「WINDOWS」フォルダの中には大切なファイルが含まれているので、削除したり移動したりしないように注意する。



 



(2) 「スクリーンせーバー」の拡張子<.scr>の本体アイコンが数個表示されるので、それぞれのアイコンの上で右クリック→「テスト」→好みの「スクリーンセーバー」を選ぶ。



 



※「テスト」表示されたスクリーンセーバーは、マウスを動かすか又は何れかのキーを押せばすぐ元に戻る。

(3) 目的のアイコンの上で右クリック→「送る」→「デスクトップ(ショートカット)」



 



デスクトップにショートカットアイコンが作られるので、これをダブルクリックすればすぐに「スクリーンセーバー」を起動することが出来ます。

ジャンル:
便利な使い方
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <028> ショートカットアイ... | トップ | <030> パソコンをパスワー... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。