ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<249> PDFに直接文字や図が記入できる(フリーソフト)

2014年04月18日 | ◆ソフトウェア

PDF(Portable Document Format)ファイルは異なるコンピュータ環境おいて、オリジナルのイメージをほぼ正確に再生することができます。さらに文字情報だけでなく、フォントや文字の大きさ・文字飾り・画像・レイアウト情報も保持され、表示・印刷が可能です。そのためファイルの保管・閲覧やメール添付など、公私にわたって多くの場面で利用されております。

しかし、閲覧中のPDF文書内へ直接文字を書いたり、四角形や円の囲み線を描き込んだりするには、通常は高価なAdobe Acrobatなどの PDF編集ソフトが必要になります。ここでご紹介する(PDF-XChange Viewer)は、フリーソフトとしてこれらの基本的な PDF編集を実行する機能を備えております。

※ 使用事例の一つとして、例えば PDFで作成された申込書に必要事項を記入し、提出するといった場合があるでしょう。 この場合、印刷してから手書きで記入するのではなく、PC上で必要事項を記入してから印刷したり、又オンラインで送信したりすることができます。そして、そのまま自分のパソコンにも保存します。


■ PDF-XChange Viewer のダウンロード
  http://www.forest.impress.co.jp/library/software/pdfxchange/
 〔公式サイト〕日本語翻訳のページへ:http://www.tracker-software.com

 ※ 有料で上位バージョンにアップグレードできる。


■ 画面操作の準備

1『PDF-XChange Viewer』の初期画面を表示

2 [表示] → [ツールーバー] → [コメントとマークアップツールバー] にチェックを入れる。

3 [表示] → [ツールーバー] → [プロパティツールバー] にチェックを入れる。




■ 文字入力の手順

1 [ファイル] → [開く] から目的のファイルを開く。

2 [タイプライタツール] を クリックします。

3 入力位置をクリックして文字入力する。
   (入力位置変更の都度「タイプライターツール」をクリックする。)


クリックして拡大



4 「タイプライターツール」クリック → 「入力位置」クリック → 「文字編集」
  (フォントの種類・大きさ・色・太字 など、Word と同じような操作が可能)




■ その他 【主な機能】

・文字の記入:任意の場所へ文字を入力したり、注釈を埋め込むこともできる。
・テキストボックスツール、吹き出しツール、コメントツールなども利用可。・・・下記画像(設定ツール)
・アンダーラインや打消し線、蛍光ペンでハイライト表示も可。
・図形の記入:(矢印ツール、直線ツール、四角ツール、楕円ツール、折れ線ツール他)・・・下記画像(設定ツール)
・指定した部分にリンクの設置可。
・PDFファイルを画像ファイルとして出力することも可。
・複数のPDF文書をタブで切り替え表示可。
・セキュリティー設定可。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <248> マイクロソフトの【 ... | トップ | <250>マイクロソフトの無料... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。