ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<051> Excelの字下げにインデントを使う

2007年02月20日 | ◆Office

 

Excel で文書作成をする場合も多いと思います。 箇条書きなどを作成するとき、Word と同じように行頭を下げて階層を作ると、文面が分かりやすくなります。字下げの際、意外に使われていないのが Excel のインデント機能のようです。 もちろん、スペースキーで空白を入れて字下げすることは出来ますが、後々階層を変えたりなど修正をする時は面倒になります。 Excel にも Word などと同様に行頭をワンタッチで下げる 「インデント」 の機能がありますのでこれを使うと便利です。 使い方は Word と同じ要領です。 行頭を下げたいセルを選択しツールバーの 「インデント」ボタンを押します。 同じ階層にある複数のセルを字下げするときは 「Ctrl」 キーを押しながら字下げしたいセルをクリックして選択し→「インデント」 ボタンを押します。 字下げを元に戻すときも Word と同様 「インデント解除」ボタンを押します。

 

ジャンル:
便利な使い方
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <050> かな文字を簡単に英... | トップ | <052> Webページの文字サイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。