ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<193> 「CCCクリーナー」でボットウィルスを駆除する

2009年06月14日 | ◆セキュリティ

シスレー:木陰の休憩





近年「ボットウィルス」の感染がどんどん広がっております。
「ボット」とは悪質なプログラム(マルウェア)の一種で、ユーザーに気付かれないように動作し、攻撃者の意のままに目的のパソコンを操れるようにするプログラムのことです。


そして、複数の「ボット」で構成されたネットワークを「ボットネット」と呼びます。攻撃者が「ボットネット」に対して、特定サイトへDoS(サービス妨害)攻撃の命令を送れば、「ボットネット」を構成するすべてのボット感染パソコンから、特定サイトへの攻撃パケットが送信されることとなります。

【参考】<132> ボット・ウイルスが知らないうちにパソコンを悪用する 
http://blog.goo.ne.jp/yh-asaka/e/e272973dad07d595b14e9f182a3ef157


「ウィルス対策ソフト」が確実・有効に機能していれば感染の確立はきわめて少なくなることは言うまでもありません。しかし、万一「ボット ウイルス」に感染した場合、(目に見える特別な症状が現れないため、感染前との差異を感じることなくパソコンを使用できる)など、ユーザはその感染に気付かないことが多いと言われます。

(総務省・経済産業省)連携プロジェクト「Cyber Clean Center (サイバークリーンセンター)」より、「ボットウィルス」専用とも言える<ボット駆除ツール(CCCクリーナー)>が提供されておりますので、ご紹介します。(無料)



■ ボットウィルスをCCCクリーナーで駆除する

【導入手順】
1. Windows Update を行う
2. ブラウザの一時ファイルを削除する
3. 「CCCクリーナー」をダウンロードして、実行する
4. パソコンの再起動する


下記の「Cyber Clean Center」のWebサイトに大変詳しい手順が掲載されておりますので、これに基づき進めます。
https://www.ccc.go.jp/flow/index.html


※ Windows Update の実行も、「Vista」「XP」「2000」それぞれにその手順が詳しく掲載されております。上手く実行できない場合の対策についても記述されております。

※ ブラウザの「一時ファイルの削除」についても、ブラウザ別にその手順が掲載されております。






<参考画面>

(一時ファイルの削除画面)


(CCCクリーナーインストール後の検索開始画面)


(CCCクリーナーでボット検索実行後の画面)

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <192> 便利な「文字数カウ... | トップ | <194> 入力位置に今現在の... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
robinjack@gmail.com (Commodities Export in Nigeria )
2016-06-12 20:35:38
「ウィルス対策ソフト」が確実・有効に機能していれば感染の確立はきわめて少なくなることは言うまでもありません。しかし、万一「ボット ウイルス」に感染した場合、

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。