ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<246> ブラウザを不本意に占有する〔Hao123〕サイトを非表示にする

2013年11月22日 | ◆Webページ活用

  〔Hao123〕は中国の検索エンジン「百度 (バイドゥ)」が提供しているナビゲーションサイトです。
ブラウザを起動するといつの間にかスタートページが〔Hao123 (jp.hao123.com) 〕に変わっていることがあります。まるでスタートページを乗っ取られたような感じです。結構しつっこくて、簡単には元に戻すことが出来ない場合があります。

このように、スタートページが知らないうちに変わってしまう理由として、誰でもよくあることですがフリーソフトなどをインストールする際、説明文のページを読まずに「同意する」にチェックの入ったまま先へ進んでしまった結果、不本意に変更されるものです。


(クリックすると拡大されます)

■ インストールされた 〔Hao123〕 プログラムを削除する
「スタート」 → 「コントロールパネル」 → 「プログラムのアンインストール」 から削除する。


■ 〔Hao123〕に書き換えられたスタートページを元に戻す
  (アンインストールをしても、スタートページは〔Hao123〕のまま変わらない場合があります。)

 

  ◎IEの場合
IE画面のメニューバー「ツール」 → 「インターネットオプション」 → 「全般」タブ → ホームページ(スタートページ)のURLを書き換える。

「ツール」 → 「アドオンの管理」 →(アドオンの種類 「検索プロバイダー」 → ここに 〔Hao123〕 が表示されればこれを化削除する。

 


  ◎Google Chrome の場合
画面右上 Google Chrome の設定マーク〔≡〕をクリック → 「設定」

<起動時>
特定の1つのページまたは複数のページを開くの 「ページ設定」 をクリック 「Hao123」 の〔×〕ボタンを押す → 「OK」

<デザイン>
新しいタブページ 「変更」 をクリック → アドレス欄に〔Hao123〕のURLが表示されていればこれを削除して → 「OK」

Google Chrome のアドレスバーから 〔Hao123〕 の検索エンジンを削除する。
アドレスバーを右クリック → 「検索エンジンの編集」 → 検索エンジンの一覧に 〔Hao123〕 があればこれを削除して→ 「完了」ボタンを押す。


(クリックすると拡大されます)

=============================


■Baidu IMEについて
http://ime.baidu.jp/type/

「Baidu IME」 とは、中国の Baidu(百度)が無料提供してる日本語入力ソフトです。これも結構しつっこくインストールを迫ってくるようです。

やはりフリーソフトなどをインストールする際にくっついてきて一緒にインストールされ、自分が知らないうちに入っている場合が大半でしょう。「Microsoft IME」 や 「ATOK」 を押しのけて、デフォルトの IME として切り替ってしまことが多いようです。 「Baidu IME」 のアンインストールも、一般のソフトと同様 「スタート」 → 「コントロールパネル」 → 「プログラムのアンインストール」 から削除します。

 

ジャンル:
便利な使い方
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <245> スパイウェア対策ソ... | トップ | <247> Windows XP & Micros... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

◆Webページ活用」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。