ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<110> Excel  (列幅の違う表を一つのシートに表示する)

2007年08月08日 | ◆Office

 
言うまでもなく Excel は非常に便利な表計算ソフトですが、1枚のシートに列幅や行幅の違うデータを並べることは出来ません。このような必要性が生じた場合、Excel の表を Word に貼り付けたりして、この問題を解消されている方もおられるでしょう。
この問題を解決するには、Exce l の「図のリンク貼り付け」 機能を活用します。

この機能を活用すれば元データと貼りつけ先のデータは(リンク)されておりますので、元データを変更すれば自動的に貼り付け先のデータもそれに合わせて変化します。加えて、レイアウトも自由に行うことが出来ます。



● Exce l の「図のリンク貼り付け」 で1枚のシートに列幅の違う表を上下に並べる。


(1)貼り付けたい表を範囲選択する

  【例1】次の表を範囲選択する




(2)上記の表を 「図のリンク貼り付け」 で貼りつける

  【例2】貼りつけ先のシート「月間予定表」に次の手順で(1)の表を貼りつける。



貼りつける場所を指定して → 「Shiftキー」 を押したまま → メニューバーの「編集」又は「右クリック」 「図のリンク貼り付け」



  



  【例1】の表が【例2】のシートに画像としてリンク貼りつけされた。


  


この方法により【例1】は自分の手元の置いて、【例2】だけを相手に渡し、リンクにより数値の変化を刻々と相手に伝えることも出来ます。


なお、「編集」→「ハイパーリンクとして貼り付け」をクリックすると、リンクのついた<タイトルの文字>が表示され、そのタイトルをクリックすることにより元データへジャンプさせることも出来ます。

リンク機能は<Word 対 Excel> <Word 対 Word> でも利用することが出来ます。


 

『ソフトウェア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <109> レジストリを最適化... | トップ | <112> 使いやすい 「パソコ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。