ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<003> メールの誤送信を防ぐには・・・

2007年01月03日 | ◆メール操作

メールの誤送信は結構生じるものです。
送ってしまった後になって(文面をこう書けば良かった!)とか(アドレス帖から送信先を選ぶときに相手を間違えてしまった!)などと言うことがあります。

その結果「相手を傷つけてしまったり、重要な取引先を失ったり、個人情報を他人に漏らしてしまったり」など等、起こりうることです。
誤送信を防止するために、メールソフトの設定を下記のような設定にしておくと安心です。

●誤送信を防ぐメールソフトの設定方法・・・下段にWindowsLiveメールの画面があります。

(Outolook Express の場合)

1.メニューバーの「ツール」→「オプション」→「送信」タブ→「メッセージを直ちに送信する」のチェックを外す。
2.メニューバーの「ツール」→「オプション」→「全般」タブ→「新着メッセージをチェックする」のチェックを外す。





このように設定しておけば、作成したメールは一旦<送信トレイ>に置かれますので、いよいよ送信する段階でもう一度見直すことが出来ます。

※ なお、(2)で→「新着メッセージをチェックする」のチェックを入れたままですと、そこで設定した時間が到来すると自動的に(受信・送信)が行われますが、チェックを外した場合は手動で(受信も送信も)行うことになります。

(WindowsLiveメールの場合)
「オプション」の場所がOEとは違います。





ジャンル:
便利な使い方
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <002> ソフトの削除(アン... | トップ | <004> ファイル(フォルダ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Outlook専用誤送信対策ソフト (OutlookNoMissAddin)
2016-03-29 12:50:26
OutlookNoMissAddinは簡単、迅速に導入できるOutlook専用誤送信対策ソフトです。メールサーバやOutlookの特別設定、環境ファイル設定などは一切いらないです。
送信前にミス/誤送可能性のあるところは一目で分かります。誤字なども検出できます。

ファイル添付漏れ、パスワード漏れ
添付ファイル圧縮漏れ、宛先間違い
宛名漏れ、挨拶文不正
宛名不正、敬語使用不正
社外秘などを社外へ送信防止、添付ファイルサイズ大きい
失礼言葉、メール作成途中送信防止
挨拶がない
!?の使用
「金額」、「見積」などの敏感字
自動的に圧縮
自動的にパスワード掛け
自動的にパスワード通知メール作成
外部、内部、パスワードメールそれぞれ時間を指定して遅延送信
メール毎に何分後の遅延送信設定ができるため、定時送信はもちろんできます。
メール遅延送信(社内、社外、それぞれ)、一時保留
雛形テンプレート利用により驚くほどメール作成スピードアップ!
……. その他いろいろ、自分でもカスタマイズできます。

http://www.superdbtool.com/outlooknomissaddin.html

OutlookNoMissAddinは簡単、迅速に導入できるOutlook専用誤送信対策ソフトです。メールサーバやOutlookの特別設定、環境ファイル設定などは一切いらないです。
送信前にミス/誤送可能性のあるところは一目で分かります。誤字なども検出できます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。