ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<185> PPTソフトが無くても PPTViewer でプレゼンテーションを表示する

2009年04月25日 | ◆Office

サム・パーク:エメリオン通り 



Office 製品がインストールされているパソコンの場合でも、通常 一般的には  PowerPointソフト はインストールされていないのが現状です。 PowerPointソフト がインストールされていないパソコンで、 PowerPoint で作成されたファイル(PPTファイル)を開こうとしても開くことはできません。

そのようなとき Office PowerPoint Viewer をインストールしておくと、 PowerPoint で作成されたファイル(PPTファイル)を閲覧することが出来るようになります。 最近は、仕事関連で(PPTファイル)を、メールに添付してやり取りされる場面も多く見られるようになりました。

又、(PPTファイル)をUSBメモリに格納して、お得意先の会社へ出向き商品のプレゼンをすることも多いでしょう。
いざ プレゼンテーションを実行しようとしたとき、(PowerPointソフトがインストールされていないためにプレゼンテーションが出来ない!) などと言うことがあったら大変です。そのようなとき Office PowerPoint Viewer はインターネットよりすぐにインストールが出来ますので、これを使ってプレゼンをします。


■ PowerPoint Viewer 2007 ダウンロードサイト

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=048DC840-14E1-467D-8DCA-19D2A8FD7485&displaylang=ja

PowerPoint Viewer 2007 は、 PowerPoint 97 およびそれ以降のバージョンで作成されたPowerPointファイルを表示することができます。(編集することはできません。)

使い方は簡単です。まず Office PowerPoint Viewerを起動しておき、その後 PowerPoint で作られたファイル(PPT ファイル)を指定して開きます。プレゼンの画面が表示されますので、通常のプレゼンと同じようにマウスやキーボードを使って操作します。





 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <184> USBメモリに暗号化機... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。