ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<128> 何故!?【コンピュータが危険にさらされている可能性があります】

2007年12月23日 | ◆セキュリティ

 


タスクバー右下のコーナーに「コンピュータが危険にさらされている可能性があります。」というメッセージが書かれたバルーン(下記の3例を参照)が表示され、不安に駆られた方もおられると思います。又 (正しくセキュリティの設定を行っているの何故このようなメッセージが出るのだろう?) と疑問に思われた方もおられるのではないでしょうか。



警告のメッセージ〔図1〕



Windows XPのService Pack 2(SP2)は、≪セキュリティセンター≫でパソコンを常時監視しウイルスや不正なアクセスによる脅威を警告する機能を持っております。監視する項目は、不正アクセスを防ぐ「ファイアウォール」、Windowsのセキュリティに関する不具合を解消するためのデータをダウンロードする「自動更新」機能、そして「ウイルス対策ソフト」の3種類です。ウイルス対策ソフトの場合は、インストールの有無だけではなく、最新の状態にアップデートされていない場合も警告メッセージをバルーンで表示します



images
セキュリティセンター〔図2〕
(クリックすると拡大されます。)
<WinXP(SP2)では、セキュリティセンターは下記の手順で閲覧出来ます。>
「スタート」→「コントロールパネル」→「セキュリティセンター」


正しく設定がなされていても、ノートンやウイルスバスターが更新を行おうとする際、一時的にこれらの機能が無効になる時間があります。このときも Windows のセキュリティセンターが警告を出し、上記のバルーンを表示したりします。


上記画面の通り ≪セキュリティセンター≫ の3項目が ≪有効≫ の状態であれば〔図2:拡大図〕、表示されたバルーンをそのまま放置しておいても、通常はしばらくするとバルーンは消えてなくなります。又、バルーンをクリックすると ≪セキュリティセンター≫ の画面が立ち上がります。 


万一、3項目の中の一つでも問題があるようだったら、≪有効≫ が表示されるように直ちに対処する必要があります。


 

ジャンル:
セキュリティー
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <127> 返信メールを元のメ... | トップ | <129> 全てのフォルダの表... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (団十郎)
2007-12-26 19:07:26
こんにちは!
ブログサーフィン中に立ち寄りました。
応援ポチッ!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。