あさか野の四季

      写真歳時記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

種漬花(タネツケバナ)

2017年04月04日 | 里山や野原の花

  水田やその畔などの水分の多い場所に生え、春浅いこの時期、白い小さな花を咲かせる。タネツケバナという名は、苗代の準備を始めるために、種もみを水に浸す頃に咲くことからこう付けられたとされる。
 近年、あちこちで、これによく似た花を見かけるが、これはミチタネツケバナと言われるヨーロッパ原産の帰化植物である。その生育は旺盛で、荒地をはじめ道路わきの土手やコンクリートの割れ目など、場所を選ばない。
 一方、写真の在来種は、外来種に比べて繁殖力弱く、乾燥にも弱いため、ニホンタンポポと同じようにその適応地は少ない。かつてはどこの水田でもみられたが、今はあまり見られない。近頃の水田は、コンバイン収穫後に稲わらの処理のため「秋起こし」をするようになったためであろうか。

リンク:ふるさとの歴史

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野襤褸菊(ノボロギク)の花 | トップ | 東石楠花(アズマシャクナゲ... »
最近の画像もっと見る

里山や野原の花」カテゴリの最新記事