工大生の電子工作事情

電子工作やプログラミングをメモ書き程度にブログするブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

rosserialのインストールとエラー

2016-09-15 19:05:37 | ROS

環境:ubuntu 14.04LTS           ROS=indigo

 

ROSとArduino間でメッセージ通信をすることができるrosserialを使おうとしたところ、

インストールはできたのですが、includeやライブラリの登録のときにおかしな挙動をしました。その解決方法を記して置きます。

 

ArduinoのROS用ライブラリであるros_libがうまく設定できなかったり、できたと思ったら、ビルドエラーが表示されたりしました。

その前に、どんなエラーかと言いますと、

#includeを含んだ文をビルドすると、

/opt/ros/indigo/include/rosserial_msgs/TopicInfo.h:9:18: fatal error: string: そのようなファイルやディレクトリはありません

と表示されました。

 

結論、あるサイトを参考に実行したところ解決しました。

それが、http://cir-kit.github.io/blog/2015/03/10/use-rosserial-first/です。

具体的な方法も下に記して置きます

///////////////arduinoのインストールとrosserialパッケージの追加////////////////

sudo apt-get install ros-indigo-rosserial ros-indigo-rosserial-arduino

sudo apt-get install arduino

arduino

↑実行するとhomeにsketchbook/librariesが作成される

cd ~/catkin_ws/src

git clone https://github.com/ros-drivers/rosserial.git

cd ../

echo "source ~/catkin_ws/install/setup.bash" >> ~/.bashrc

↑下の3つを今後省略するために(必須ではない)

catkin_make

catkin_make install

source install/setup.bash

///////////////以上////////////

ここまでがインストール関係です。次にArduino IDEにrosと通信するためのライブラリのros_libの追加をします。

cd ~/sketchbook/libraries

rosrun rosserial_arduino make_libraries.py .

これで追加されたはずです。もしrosrunの部分がうまくいってないようでしたら、catkin_make installあたりをもう一度行ってください。

おそらくですがcatkin_make installの後にターミナルを閉じてしまうと、設定が戻ってしまってrosrunがうまくいかない可能性があります。

 

これでrosserialを使えるようになりました。後はIDEのファイル→スケッチの例→ros_lib→HelloWorldなどを実行して

rostopic echo /chater

などで確認してください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« KRS4034HVを分解?してみた | トップ | ubuntuでArduino IDEのエディ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。