なんでもない日々の唄

なんでもないテンションで日々を語る。

でもきっとBUMPの話題ではヒートアップ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホラーよりホラー

2007年05月29日 13時37分25秒 | 日記
本谷有希子さんの『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』を読みました。

う~ん…すごい話だった。
まともな人間が一人も出てこない。

あまりに恐ろしい&突き抜けてる設定に、「ここはもしや笑いどころなのか…?」としばしば混乱しました。
ブラックユーモアに慣れていない人間にはちょっとキツイ。

でも読み始めたら止まらなくて、ものすごく引き込まれました。
ホラーなのか、コメディなのか…線引きが難しいのですが、
とにかく面白かったです!!

この作品は夏に映画化されます。
読み終わってから映画公式サイト見て知ったのですが、
主題歌がチャットモンチーなんですね。
こんな怖い話をチャットが…、と最初は驚きましたが、
原作を読んで書き下ろした曲ということなので、
「女の怖さ」「人間の怖さ」を、チャット節で絶妙に表現してくれるのではないかと今から楽しみです!!

キャストも原作のイメージピッタリだと思いました。
個人的には、永瀬正敏さんがキャスティングされてるので嬉しいです

映画化に向けて、ストーリーのネタバレはしませんが、
原作すごく面白いので、是非一読してみてください。
文庫化されてますので。

作者の本谷有希子さんは演劇の世界でも活躍している方らしく、
やっぱり普通の「小説」とは毛色の違う感じがしました。
これからの作品も楽しみです。


AX

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久々バトン | トップ | TOKYO »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む