「心身元気になる料理生活」Y's foodしんぶん

横浜の料理教室・食と健康の企画事務所です。食・料理を通じて「伝える」お手伝いをしています。

年末スペシャルレッスン「二人のためのおせち」募集開始しました

2016-11-30 | 食の企画事務所
いつもありがとうございます。
当事務所より本日はおしらせです!


毎年恒例のほぼ一日がかりのスペシャルレッスン
「二人のためのおせち」今年も開催いたします

皆で作って2人分ずつお持ち帰りいただく集中レッスン。
約5時間半のややハードなレッスンですが、学んで、作って 
「がんばった充実感」がしっかりあるレッスンです。

料理を始めたばかりの方も大丈夫です。
周りの方と楽しく作りながら集中して学ぶので料理の要領
などだんだん慣れていきます。

途中お雑煮を作っていただくブレイクタイムでは
「お餅、お雑煮」の魅力再発見です。

新しい年の食卓を手作りのおせちで彩りましょう。
年に一度だけの特別な集中レッスン、私も気を入れて
準備を進めて参ります。

「二人のためのおせち2016」詳細内容

お申込み、お待ちしています!


※トップ画像は2015年末のおせち
 手前 長皿は1人分、奥の煮物は2人分 盛り付け例


Y's food laboの料理のパーソナルトレーニング
「マンツーマンレッスン」

当教室は「料理上手になりたい」そんな想いの方を
全力で支援しています。ご結婚準備にも大好評
いただいています。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食事作りが楽しくなる!「らくらく献立プランニングセミナー」

2016-09-28 | 食の企画事務所
今日は当事務所からセミナーのお知らせです。

10月16日(日)ご好評にお応えして開催します♪
「食事作りが楽しくなる!献立らくらくプランニングセミナー」

「毎日夕飯作りで献立を考えるのが憂鬱」

「栄養バランスの良い 美味しい献立ってどうしたらいいんだろう?」

そんなあなたにおすすめのセミナーですウインク

栄養の基本や献立をバランスよく組み立てる考え方のコツを分かりやすく
お話ししていきます。

前回7月に開催後、ご参加者から

「本当に献立を考えるのが楽しくなった!」

「自分なりの型が出来てメニューを決めやすくなった」

「常備菜や前日の残りとのバランスも考えて充実した
食卓が楽にできるようになった」

「食材の選び方が変わって来た」


などのお声をいただいています。

「ごはん作りが楽しくなる!」
「食卓が活力の生まれる場」
を目指してご一緒に考えましょう

「食事作りが楽しくなる!献立らくらくプランニングセミナー」

開催日時 : 2016年10月16日(日) 11:00~13:00 (受付10:50~)
場所   : VITよこはま会議室(JR関内駅 徒歩1分)
参加費  : 3,000円(資料代・税込)

内容詳細はこちら

ご興味ある方、よかったらぜひぜひチェックして
くださいね!

「楽ちん」でも「しっかり」でも料理は美味しいワクワクがあれば
ハッピーです​!

当マンツーマンレッスンは
「続けられる料理」「ご自身と大事な人の心身を元気にする
食卓」を応援します

料理の基礎トレーニング「マンツーマンレッスン」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早くやれば良いのに

2016-08-21 | 食の企画事務所
かつて仕事でご一緒した方からの言葉でとても印象深い
一言があります。

「やりたい!とおもうことって努力したり行動すれば
(度合はあれど)ほとんど実現できるんだから、思って
いるなら早くやれば良いのに」。

というものです。

これはたまたま「やりたい仕事」の話をしているときに
彼女から出た一言ですが

私は「それは、そうだわ」と目からうろこが落ちた思い
でした。

ここで大事なのは「早く」というところです。

その世界に入ったら、上手くなろうと思ったり
認められるようになりたいと思って、そうなっていくのは
すごく努力がいることだと思います。どんな世界でも。

その世界を覗いたら始めて具体的な願望だったり自分の
今の位置が分かるので、

そこに入ることにマゴマゴしていたら、本当に人生が終わ
ってしまう、と思います。


「何を躊躇してるわけ?」と自分に対して思うとき
思い出す、ありがたい一言です。

「いつやるの?今でしょ」の林先生もきっと同じお気持ち
からの一言なのではないかな、と思います。

「今、やる!」「今、始める!」の精神でいきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界に広がる一品になるのか

2016-08-01 | 食の企画事務所

先日、気になっていた商品を購入しました。


うなぎのかば焼き、ではありません。

これは蒲鉾メーカー「スギヨ」の新商品「うな蒲ちゃん」です。

温めて食べてみました。

・味はうなぎっぽい感じ、食感、歯切れもうなぎっぽく基本的に
 美味しいです。

・裏には皮もついています。肉の盛り上がり具合など姿巧みです。

・たれや山椒もついています。

・厚みがあって良い食べ応えですが、厚みゆえ「練り製品」と
 分かります。

たれがついているので、温かいごはんに丼のようにのせて
食べるのが推奨か?

という気もするのですが

どちらかと言うと巻き寿司やちらし寿司の具のような、「一部」
として使った方が「良くできてる~!」と嬉しくなりそうです。

スギヨにはかに風味かまぼこ「香り箱」という商品があります。

数あるカニカマの中でも素晴らしい「かに感」で個人的にうな
っている逸品です。

そしてうなぎのかば焼き風味かまぼこは私が知る限り
「一正蒲鉾」からも「うな次郎」という商品が出ています。

今までの風味かまぼこ「かに」や「ほたて」と違い「たれ・甘辛」
という練り製品の外側からしっかり味のついたこれらの商品。

日本よりむしろ海外で大ブレイクするかも知れません。

技が細かく、味も繊細なこんな商品を作り出すのは 
本当に日本人ならでは なのではないでしょうか。

「うなぎのかば焼き風味かまぼこ」。

食べ方の提案、食シーンの提案で広がりが違ってくるのでは
と思います。

これからどうなっていくのか楽しみです!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

研修は奥が深い!

2016-07-25 | 食の企画事務所
先日当教室主催で
「食事作りが楽しくなる!献立らくらくプランニングセミナー」
を開催しました。

当教室の生徒さんも多く参加下さいましたが

「すごく分かりやすかった」

「タイトル通り食事の献立を考えるのが楽しくなってきました」

などセミナー後直接お声をいただけて

良かった!!

と思う反面

「受講いただいた方全員に伝えたかった内容の何パーセント
くらいがしっかりと伝わったのだろうか」

という疑問もわいてきます。

ここ数年「食事と健康」「食事と介護予防」など座学で
研修や講座の講師を務める機会が増えています。


料理の実技が入る研修や講座はキャリアが20年くらい
あるので

「ここを強調するとみんなが上手くできる」

「こういう伝え方をするとよく覚えてもらえる」

という伝えるコツのようなものが自分の中でははっきり
あります。

見せて、伝えて、実際にやってもらう実技にくらべ

座学、理論のようなところでは伝わっているか、そして
1人1人が考えてくれているか

という「伝える」ことと「1人1人が考えるようにしていく
支援・考えを引き出す進め方」という面が実技とはちょ
っと違います。

受講者の反応等、観察しながら進めていかないといけません。

伝える側、ファシリテートする側として
実技も座学も最高の学びの場作りを目指します。

何事も奥が深く、燃えてきます。

食の企画事務所・料理の基礎トレーニングY's food labo




コメント
この記事をはてなブックマークに追加