スープを作る為に炊飯器を買った。

2017-04-04 19:57:48 | 日記
2017/4/4
 したかったのは炊飯器クッキング。お手軽だろうって思って。
で、炊飯器選びに迷ったよ。今日一日。で買って来た。9,000円のモノ。

本格的に料理するのは大好きなスープ作りだけなのだが、これは本格的料理と言えるか?
ただ煮込むだけなのだけれど・・・。

で、その「単に煮込むだけ」を炊飯器にやってもらおうと思った訳だ。
がしかし、一時間ほど煮込んでみたが・・・素材の味が出ていないお湯だ・・・。
まぁ当然の話、煮込みスープは大体12時間ほど煮込むからだ。
今までは保温鍋?を使っていた。

買ってきたのはネットで評判の良かったものだが、お米を炊くのではなく、
煮込みスープの為だったのでどうしようか迷った。
末に内釜の厚い奴を選んだのだが・・・。
煮込み中に2chの電気炊飯器スレッドを見ているとあるサイトを紹介していたので
飛んで行ってみると・・・、かっ釜が「重くて厚かったら旨いは嘘だ」と書かれていた!
えっ・・・・マジで・・・、・・・、・・・、・・、・、、、えっ?

なんと電気炊飯器の価格の大半はオカルトで構成されていたらしい。
で、重くて厚い内釜を買った俺は、マイコン式には下から熱するので厚いとそれだけ
パワーが必要って書いてあり、そう言えばパワーがほかのより有った・・・、と絶句。
ただ、炊き方のプログラムがより重要なので、内釜が薄かったら有利ではなく、旨いが
基準とのこと。
内釜の素材も重要で、特にマイコン式ではアルミが最強らしい、コスパの面で。

保温性能は圧力IHが最強らしい。要は密閉するかどうからしく、マイコンやIHは
蒸気口が常に空いているだろ?ここから熱が逃げるって判り易く指摘してある。
うわぁ~~~、洗い易さばかり考えていた・・・。確かに蒸気口から熱が逃げる・・・。
具材を煮込む関係上、圧力IHは考えていなかった、爆発したら嫌じゃないか。

ただ、炊飯器クッキングでは試行錯誤が必要なので、一度失敗したからダメではなく、
良いポイントを探っていく必要があろう。
保温鍋で作ってきたけれど、何度も試行錯誤してきた訳だから。
ガスコンロが無いので保温鍋はもう使えないのだけれど。
炊飯器クッキングを習熟していくしかない・・・。


2017/4/16
やはり味がイマイチだ。どうやら手間暇を掛けないといけない料理で、手抜きに当たる様だ。
ただ、おかゆで炊いて11時間ほど保温すると近いものは出来る。但し美味くは無い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 皆、雑用の雑用をこなし過ぎ... | トップ | 日本のフェミニズム »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事