武蔵野大学の長谷川教授「残業100時間で過労死 情けない」

2016-10-12 11:12:09 | 日記
人には人の能力がある。これをどうしても、本人は本人を基準に考える。
これはどうしようもない。

俺も友達にダブルワークを進めたが、ダブルワークをまともにするには、
条件があり、身体が頑強なことと気力があること。
或いはシャカリキで働くことが出来る人。
但し、厄年辺りで最悪は死、普通に身体を壊す。


2016/10/19
電通の若い女性が自殺したのは、長時間労働は余裕の無さに繋がるが、一番は仕事のやり甲斐が無い事と人格否定を感じさせる言動の方だろう。
俺も言われたことが有るが、上から目線のダメ出しが一番ムカついた。その系統の奴らは悪気無く、毒を吐いている自覚なく毒を撒き散らす。
じゃぁお前はその時出来たのか?と思うけれど。時間と経験を無視した能力を欲し、無理難題を吹っかけ、潰す事を目的とする様な言動が有ったならば、それこそが追い詰めたって事だろう。


2016/11/20
長時間労働を耐えるには自らクリエイティブな仕事をしているという意識が必要だ。
させられる仕事で、意義を感じられない仕事をする程精神を削られる仕事は無い。
社会の未来を良くすると信じられるから長時間労働も耐えられる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストレングスファインダー | トップ | 世の中、かなり自己中の人が... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む