T's Hobby Blog(Ver.Ⅱ)

Since 2013.2.28→2017.2.28Ver.3へ移行

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ガンダムフラウロス♯5 「今年のラスト一品」

2016-12-28 | 1/144HGIBO ガンダムフラウロス

皆さんこんにちばんは。

今日は少し探し物をしに出たのですが、結局目当てのものは買えず・・・ジャンクの山に埋もれていても持っていかれるとは(汗)

んで、今日はフラウロスの完成レビューになります!



設定画のピンクを目指して作ったのですが、ミソはマルーンと白を多めに入れると良いでしょうかね。


胴体周辺。頬の装甲のフラッグを落としたこと以外は形状的な加工はなし。角にあるの目の塗装が面倒でした。


腕部は無加工です。


下半身は足裏の肉抜きを埋めました。


バックパックはキャノンやマシンガンなどの合わせ目を消したり、肉抜きを埋めています。加工が必要そうなパートは結構ここら辺に集中していましたね。


レールガン&マシンガン。加工は上記の通りです。レールガン基部のピンクに関しては下地無しでは発色が悪いのでつや消しホワイトの下地を塗っています。



ギャラクシーキャノン発射形態(笑)

目が付いたことでより動物的な感じになっていますが、一応動かないこと前提みたいですかね。


さすがに長い!めっちゃ長い!置き場所に困る圧巻の大きさです(笑)


バックパックの目は頭ほどではありませんが塗るのに結構手間を要しました。


今のところ活躍らしい活躍は一度だけですが、今後はどんなふうに活躍するのでしょう。


「乱れ撃つぜぇ!」的な感じで。


やっぱり少し物足りない感じはあるので滑空砲を持たせてみたり。そういえばメカニック本で「滑腔砲」と表記されていたのでやっぱり「滑空砲」は誤記のような・・・



鉄華団ガンダムズ。改めてルプスが一回り大きいのに気づかされます。


先々代流星号と。同じ色の設定と思うのですがかなり色味を変えていることがよく分かると思います。
先々代もこれはこれで好きなんですが、今回のフラウロスでようやく理想の「下品な色」ができたと思っております(笑)

そういえば三代目流星号も制作予定があった(ただしプレバンではなく自作パーツとの組み合わせ)のですが、今後並べることを考えたらということで更に変更を加えて現在は雷電号にしようかと考えております。目の塗装も手間ですしね・・・(汗)


ということで、HGガンダムフラウロスでした。

今回はキットの素性がすごく良くて加工も少なく済んだのは幸いでした。その分塗装というか色を作るのに苦心しましたが。

加工は取り合えずバックパックを中心に少しばかりの合わせ目と肉抜きを処理するくらいに留めています。本当に改造の必要の少ないキットで優秀です。

塗装に関しては一日で終わらせるべくクリップの増強などを図ったのですが、結局持ち手が足りてしまったので無用に終わりまして・・・まあでもギリギリでしたホント(笑)

~塗装ガイド~
本体ピンク:モンザレッド+パープル+イエロー+マルーン多め+つや消しホワイト多め
本体イエロー:つや消しホワイト下地にイエロー+つや消しホワイト
太ももなどホワイト:つや消しホワイト+明灰白色+ニュートラルグレー(バルバトスルプスより流用)
センサーなど:デイトナグリーン+ガイア蛍光グリーン
フレーム:モンザレッド+RLM04イエロー+ニュートラルグレー+セミグロスブラック

さて、ではこれにて今年度のガンプラは作り収めになります。去年も作り収めはちょうど1年前の今日でしたが、あん時はマンロディでしたね・・・

一応年末年始の暇つぶし用に武者ガンダムだけは買っておりますが、制作に関してはオプションセット7を先に仕上げてしまおかと。また辟邪や漏影などもあるので、都合によっては番外編的に作っていこうと思います。

ではとりあえず荷物を作って、明日から奈良まで行って来ましょうかね。多分1週間以上は留まるかなぁ・・・

今日はここまで。ばいばーい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガンダムフラウロス♯4 「描き... | トップ | 「歳末なので」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

1/144HGIBO ガンダムフラウロス」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事