T's Hobby Blog(Ver.Ⅱ)

Since 2013.2.28→2017.2.28Ver.3へ移行

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ガンダムヴィダール#6 「また行っちゃったよ…」

2016-12-23 | 1/144HGIBO ガンダムヴィダール

皆さんこんにちばんは。

今日少し買い物に行ってきたところ、ポリパテの補給をするだけのつもりがマンロディが一つだけ半額で残ってたので購入することに。まあこれもランドマン用ですかね。

んで、今日はヴィダールの完成レビューになります!



多少妥協もしましたがまあそんな違和感も無いかなぁと…


頭部は合わせ目が出るのですが顔の後ハメが困難だと感じてそのままにしています。
目は目立つ色で塗ったもののアンテナが目深にかかるので暗くて見えにくいです。一応蛍光レッド入りで光りますけどね。


腕部は合わせ目がよく出るものの消しやすい構成でした。肘の黒い装甲も後ハメですが定位置にはめるとキッチリ収まるので接着も不要でした。


脚部は分割の問題でスネと爪先の合わせ目消しが面倒だったのでモールドを彫ってディテールとして処理しました。


バックパックは合わせ目消しに伴うリアクターの後ハメやバインダーの保持力強化や肉抜きを埋めました。
バインダーの方はボール受けの内側のダボを削ってやることで深くハマるようになるのでそれだけでも大幅に強度が改善されます。


ライフルは合わせ目を消しただけです。目と同じ色を使って光ります。


ハンドガンは特に何もせず。


ただフロントスカートのハンドガン着脱に関しては、スカートそのものを新造することで対処しました。プラ板の積層にて作っております。


バーストサーベルもそれ自体は特にこれということはしていません。



サイドバインダー内のサーベル替刃に関してはピンを削り落として取り外しできるようにしました。柄を差し込んで本当に引き抜けるようになっていますがスライドギミックは欲しかったな…


ハンターエッジに関しても先述した爪先パーツの合わせ目処理以外は無加工です。




今のところ初陣の戦闘以外は顔見せ程度に出ている感じですが、これからどう動くのやら。


プロモーション映像では対峙していましたが…


ということで、HGガンダムヴィダールでした。

かなり目立つ合わせ目や肉抜きにハンドガン一体のスカートなど、 他のガンダムタイプと比べてもやるべき事は結構多いように感じます。たぶん1500円のラインだったらもう少し充実した内容になったのかもしれませんが…

加工としては脚部などは消せない合わせ目はモールドを彫ってディテールとしてごまかし、フロントスカートは交換用のものを新造するなどあちこちに大きく手を入れております。今回は時間が押していたのでなるべく間髪入れず作りましたが、普段からももう少しペース上げても良いかもしれませんね。

~塗装ガイド~
本体ブルー:クリアブルー+コバルトブルー+インディブルー+ガイア蛍光ブルーごく少量+クリアレッド+つや消しホワイト
本体グレー:ミッドナイトブルー+つや消しホワイト+モンザレッド少量
フレーム:RLM75グレーバイオレット+セミグロスブラック
胸などホワイト:つや消しホワイト+カーキごく少量+ニュートラルグレーごく少量
目などピンク:ガイア蛍光レッド+モンザレッド+パープル+つや消しホワイト
リアクター、膝バーニアなどレッド: シャインレッド+つや消しホワイト+ニュートラルグレー

さて、では次回からフラウロスの製作に入ろうと思います。まあたぶん大丈夫でしょうが…

今日はここまで。ばいばーい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガンダムヴィダール#5 「温和... | トップ | ガンダムフラウロス#1 「メリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。