続々・異風塵の雑記帳☆

プロバイダー変更に伴い前のブログが存続不能となりました。
このブログでは飼い猫の話、つぶやき、趣味の短歌を掲載します。

ビールと蕁麻疹☆

2017-07-16 15:20:39 | 日記
気温が上がると風呂上りのビールが格別の旨さです。
わたしは海外の訳ありビールが好きでネットで見つけては飲んでます。
しかし、わたしはアルコールアレルギーで少し体調が悪いと蕁麻疹が出ます。
45歳くらいまでは蕁麻疹が酷く出るのでアルコールからは距離を置いていました。
体表面一杯に大きなアザのような症状が現れ完全に消えるのに10日ほどかかり、
その間痒いだけではなくて、掻いた後が痛くなるのです。

転換点は1995年、ニュージーランドを訪れた際にやって来ました。
夜、地域の方のパーティーに誘われて友人達としこたまビールを飲んで、
数日間二日酔い?状態になったのですが以前ほど蕁麻疹が出なかったのです。
体質が変わるということがあるのかどうかわかりませんが、
それ以来ビールをよく飲むようになりました。
しかし、やはり体調が悪いときは相変わらず蕁麻疹が出ます。
最も以前のような大きなアザ状の蕁麻疹は出なくなりました。
現在の症状はポツポツの発疹状の蕁麻疹が数日間身体に現れます。
虫刺されのような感じですが、痒さは以前同様です。

現在は風呂上りだけビールを飲むようにしています。
外国の缶ビールや瓶ビールは容量が330mlのものが多いですが、
いつも1缶(瓶)だけ飲むことに決めてます。翌日蕁麻疹が出ていたら、
蕁麻疹の薬を服用してしばらくビールは飲まないように心掛けています。
飲まなければ蕁麻疹は出ないのだからビールを止めたらよいのですが、
一度脳に刻まれたある種の快感には抗(あらが)えないようです。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「マスゴミ」を知ってますか?☆ | トップ | ベランダでトマト☆ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。