風薫る

退屈と付合うの結構大変です。
心に残ったことを、初夏の風のように書いていけたらと思っています。 

梅雨。

2017-06-16 20:01:31 | 日記




6月7日平年並みに梅雨に入ったが、

雨が降らず爽やかな日が続いている。

しかし、昼下がりからの陽ざしに、

梅雨らしく雨が降ればと思ったが、

雲で覆われた暗い空を思い出した。


夏至も近づき杜若の花も終わり、

そろそろ梅雨本番とういう季節、

暑さ対策の準備でもしようと思う。





そろそろ梅雨本番に入るが、帰宅時に夕焼けの景色が目に入ると、一日の長さに太陽の恵みに感謝する。これから驟雨の降る時期に入るが、雨と冷房で体が冷えるのを思い出す。タオルを一枚入れておくと結構役立つ。

若葉に目を向ける人々の姿は、梅雨本番前の清々しさを味わっている。朝の喧騒を忘れさせる時間帯、青空の広がる若葉の木々を見ていると、単調に感じさせる日々をリフレッシュする。そして、梅雨本番前の夕焼け景色は、そよ風が涼しさを感じさせる。




体調をくずさず良い一日を!
←押してね!
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あじさい。 | トップ | 6月下旬。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。