風薫る

退屈と付合うの結構大変です。
心に残ったことを、初夏の風のように書いていけたらと思っています。 

梅雨前線

2017-07-06 19:08:11 | 日記




地平線まで続く相模湾を見ていると、

海からの潮風が素肌をなぜていき、

光沢の波頭がキラキラと輝いていた。


九州北部の梅雨前線で降った大雨が、

甚大な被害を及ぼしている情景は、

自然災害の凄まじさに身がすくものだ。

大雨は7日にかけても降り続くそうだ。


被災地の亡くなられた方に哀悼の意と、

被災者の方々の健康を祈念致します。







大雨は7日にかけても降り続く模様で、冷静な判断が必要とされる。被災地の模様を見ていると、主観的な行動に陥りやしので、被害にあう確率が増えるため気をつけてほしいと思う。

最近、川に昔の生き物たちが戻り、メダカやゲンゴロウが戻っているという。そんなニュ―スを目にすると、早朝や夕焼けをみながら川べりを歩く姿を思い浮かべる。そんな光景が被災地にも今夏、訪れていただろうと思うと残念だ。これから蒸し暑くなり、食中毒などにならならなければいいのですが。

明日から週末にかけて天気が回復し、朝の涼しい風がカーテンを揺らし、梅雨の晴れ間の清々しさを感じられそうだ(^^)/。夏の疲れも、きっと癒されるだろう。





体調をくずさず良い一日を!
←押してね!
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 驟雨の季節。 | トップ | 自然災害 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。