裕次郎の玉手箱3

趣味 写真や日記、旅行とアマチュア無線 PC 好きな事が多くて全て今一状態 人との出会いを大切に北海道大好き人間です。

国道235線優駿浪漫街道と昆布漁

2017年07月15日 | 旅行



新日高町風物詩の日高昆布漁がアチコチの地域で始まりました。 天候と海の状況で朝に漁の開始の旗が上がります。一斉に出港します。 殆ど一人乗りの小舟です。取り上げた昆布を乗せて乾し場に持ち込みます。乾し場は小石の引き詰められた浜辺に有ります。国道235線優駿浪漫街道とも言われていますが、行き交う車からはこの光景が目に入ってきます。



ダシにして良し、食べて良し。『万能昆布』として名高い日高昆布。学名はミツイシコンブというだけあり、名産地の一つはここ新ひだか町三石地区です。日高昆布のおいしさや価値はよくわかります。  昆布漁師はまず岩場に磯舟を寄せ、先端がL字型になっている「カギ」と言う道具を使って昆布をすくい上げます。そして昆布を手に絡ませて、一気に引き抜くのだとか。聞く分には簡単な気がするけれど、やっぱりコツがあるんででしょうね 

昆布が途中で切れると商品にならないから、慎重さも必要    一般に、こんぶ漁は、通年行われる「拾いこんぶ漁」と7~10月に解禁となる「採りこんぶ漁」に大別されますが、日高の採りこんぶ漁は、その日のうちに天日乾燥させるため、水深2~8mの岩礁地帯で採った昆布を陸揚げし、家族総出で慌しく「コンブ干場」に並べていきます。海岸に広がる昆布のカーペットは、夏の風物詩ですよ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新ひだか町 散歩 海浜公園 | トップ | 新ひだか町 早くも2週間 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
昆布 (大津)
2017-07-16 19:17:28
30年位前に北海道の海岸線で昆布干しをしているところをボーと見ていた記憶があります(一人旅)
誰に話かけることも無くひたすらボーとみていました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。