裕次郎の玉手箱3

趣味 写真や日記、旅行とアマチュア無線 PC 好きな事が多くて全て今一状態 人との出会いを大切に北海道大好き人間です。

二十間道路桜並木と蓬莱山

2017年07月14日 | 旅行

10時過ぎにプ-ルに入り12時過ぎに静内で昼ランチ いいお店発見 時々行く天政さんの近くにある<あさひさんで、昼ランチ その後帰り道  「二十間道路桜並木」へ行く事に   咲き乱れる桜の花びらを眺め、春の訪れを楽しむ。日本一の桜並木「二十間道路桜並木」。 約3,000本の桜が直線7キロメートルに渡って咲き誇る二十間道路。かつてこの地にあった宮内省の御料牧場を視察する皇族の行幸道路として造成されたのがはじまりだそうです。 近隣の山々からエゾヤマザクラなどを移植。その時、左右の道幅がちょうど二十間あったことから二十間道路と呼ばれるようになったとか  現在は「日本の道百選」や「さくら名所100選」、「北海道遺産」などにも選ばれ日本屈指の桜の名所と成っている様です。毎年5月上旬にはあでやかに咲き誇る日本一の桜並木をひと目見ようと全国各地から花見客が訪れる様ですが、私はまだお目に掛かっていません  

(さくらのシ-ズンにはこんな風景に.....)

十間道路桜並木から蓬莱山へ向かう途中には何軒かの牧場があり馬達の姿にうっとり

 

蓬莱山は、山と川の間の河原にポツリと突き出た地形をしてました。三石川を河口から遡ると、目立った地形なので、初めての私でも、その存在はすぐにわかりました。目立ちはするのですが、周りを威圧するような姿ではなく、ただひっそりと位置していました。蓬莱山の対岸(右岸)にも少し切り立った崖があります。蓬莱山とその対岸の切り立った崖自体は目立ちますが、周囲の山はなだらかなので、余計に蓬莱山などの険しさが目立つようです。その険しさは、神秘的にも感じられます。蓬莱山の麓には小さな祠が祀られています。北海道の文化財にも指定されているそうです。近くにパ-クゴルフ場があり皆さん楽しまれていました。

本当に楽しめる町です。まだまだいいところ発見したいです。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新ひだか町 散歩 | トップ | 新ひだか町 散歩 海浜公園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事