横浜DeNAベイスターズ論

横浜ファン歴30年弱の熱烈ファンが送る、ベイスターズの現在がわかる「横浜DeNAベイスターズ論」!!

両チーム先発予想と展望 CSファイナル広島カープvs横浜DeNAベイスターズ

2016年10月11日 17時36分14秒 | 日記

両チーム先発予想と展望 

CSファイナル広島カープvs横浜DeNAベイスターズ


2016プロ野球セリーグクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ
広島東洋カープ vs 横浜DeNAベイスターズ


先発予想         広島     横浜

第1戦 10月12日(水) ジョンソン vs モスコーソ
第2戦 10月13日(木) 野村    vs 三嶋
第3戦 10月14日(金) 黒田    vs 井納
第4戦 10月15日(土) 福井(岡田) vs 今永  ※10/12 21:30補足 岡田先発、福井中継ぎ
第5戦 10月16日(日) ヘーゲンズ vs 石田
第6戦 10月17日(月) ジョンソン vs モスコーソ(山口)


まず先発予想だが、広島は第3戦までは3本柱で決まり。第4戦は岡田の可能性もあるが、岡田がルーキーということと、良い時と悪い時の差が大きい点、そして実績のある福井がシーズン終盤に先発に復帰したことから福井と予想した。福井が先発の場合は、岡田は中継ぎに回って、先発が早く崩れた時のロングリリーフに備える。(※10/12 21:30補足 本日の出場選手登録により第4戦の先発は岡田で、福井が中継ぎに回ることがほぼ決まった。)
もし最終第6戦までもつれた場合はエースのジョンソンを中4日で持ってくるだろう

一方の横浜は、現在の3本柱、井納、今永、石田が第3戦まで使えない。そのため第1戦モスコーソ、第2戦三嶋とした。
最終戦までいった場合は、山口が間に合うのであれば山口に任せたいところだが、無理ならこちらも中4日でモスコーソか。


【展望】

先発予想を見ても分かるとおり、広島はシーズン中と変わらない万全の態勢。一方、横浜はエース山口が不在で、さらに1、2戦と格下の投手を使わざるをえない。

広島にはアドバンテージの1勝があるため、6試合で3勝すればいい。つまり最悪3勝3敗の五分でいいわけだ。
それに対し、横浜は4勝2敗でいかなければならず広島が圧倒的に有利だ。

広島は最初の3試合で2勝して、残りの3試合のどれかに勝てばいいという状況を作りたいだろう。
横浜は1、2戦目で何とか1勝して、3戦目の井納でも勝って、残りの3試合でも2勝したい。
つまり、6試合を3試合ずつに分けて、両方とも2勝1敗、2勝1敗で合計4勝2敗としたい。

いずれにしろ、広島がファイナルを制する場合は、3連勝や3勝1敗など一方的な結果になる可能性もあるが、横浜が制する場合は、どうしても最終戦にもつれこむ可能性が高い。


広島のストロングポイントとしては、先発投手に加えて、中崎、ジャクソン、今村、一岡、大瀬良と強力なリリーフ陣の存在だ。
あとは試合間隔の空いてしまった打線の調子が心配なところだが、もし打線もシーズン中と変わらずに好調なら、横浜は相手にならないだろう。

横浜は、どうしても1、2戦目で1勝しなくてはならないので、カギを握るのはモスコーソだろう。もしモスコーソが打たれるようならファイナル制覇は厳しくなるが、逆に初戦をモスコーソの好投で勝てるようなことがあれば、勢いに乗ってそのまま下剋上達成ということもありうる。

あとは巨人戦同様、好調な打線が広島の先発投手を打ち崩すことができるかが、勝敗を大きく左右するだろう。

 

 

 

 

 

 

 

『野球』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DeNA3番手捕手嶺井が決めた!... | トップ | 【最新】放送予定 広島カープ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL