こつこつ日記ング 

漫画を頑張りたい21歳の日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

寒過ぎんぐtonight is

2014-08-29 03:22:32 | 5分日記

8月も終盤で、一気に天候が変わって涼しくなった。

長袖の上着を羽織るくらい寒い夜もやってくるようになった。


もう大学のめちゃ長い夏休みも後半戦です。


「ネーム大賞」の件もありモチベーションが上がってきている今、波に乗って頑張っていこうと思います。

最近は「ウォーミングアップ」と称して
冬に買った「ポーズ集」をひたすらスケッチするということをしています。




毎日一ポーズ、視点の高さ、360度回転ぜんぶで24体を描き終えてから何かしら作業を始めるということにしました。

このポーズ集、買ったはじめは一体描くのに8分~10分くらいかかっていましたが
今は慣れてきたのか、3分ちょっとで一体描くことができるようになりました。

人体の比率とか、バランスを何となくつかめてきたのかもしれません。


この本には全部で48ポーズ収録されており、また男性バージョンもあるのでどちらも頑張って終えたいです。その頃には人体を描くのはマシになってきているかも…。

24体×48ポーズ×2冊×一体3.5分≒133時間

…そう遠い話ではなさそうです。地道に描いていきます。

ただ、アクションポーズとかをぜんぜん練習できてないのでそういったポーズ集も欲しい。
まだ頭のなかで思い浮かべた複雑なポーズなんかを描くことはできません…。


頑張ってゆきたい。


そういえば久しぶりにNapoleoneを1ページアップしました。

そして全体を見返してみるとすごく読みづらい印象。

コマ割りも単調だし、「引きの画面」がすごく少なくメリハリがない。


「ネーム大賞」でも他の応募作などを読んでいると、読みやすく面白い漫画がとても参考になります。


更新が遅く、それもちまちまとした内容であるからには毎度良くなるよう努力をしていきたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Innocence

2014-08-20 05:59:30 | 日記

つい先日、ネーム大賞の一次審査が始まり、応募250作品のうち、100作品が絞られました。


僕は、このネーム大賞に応募できたただそれだけで今回は良かったのですが



なんと!!

まさかの、この絞られた100作品の中に生き残れました!!!!

たかが一次じゃん、とか、
倍率は2.5倍であんまり高くないじゃん とか

そういう見方をしたら、ここで喜ぶのは大げさなことなのかもしれない。

でも、そんなひねくれた考え方が何かを生み出すわけでもなし!!!


今回は、素直に心が嬉しく思っているのだから喜びます!!   よかった!  


最初の審査を突破したことで、次の審査では10人の審査員に作品を見てもらえます。 僕としてはそれが嬉しい。
漫画家とか、編集者の人とか、そういう人に読んでもらえて、講評してもらえるというのはまずなかなか無いことだろう。

Twitterなどで、「ネーム大賞」という単語で検索をかけると応募者のつぶやきなどがちょいちょい見れますが、
そのプロフィール欄を見たり描いた絵とかを見て「えっこの人めっちゃ上手いのに!?」と思う人の作品が落ちてしまったりしていて、驚きました。

今段階で生き残れたのには、最初の審査をしていただいた審査員二人の好みに偶然合ったのかも。そういう意味では運も必要なのかな。



とはいえ、自分ではこの描いた作品「Scratch on the World」はすごく好きです。
短いですが一応、物語としてきちんと完結させた初めての作品…。

ただ、友だちに見てもらった時の評価が軒並み「何回か読み返さないと内容がなかなかわからん!!」ということが気にかかります。

内容を解説してあげると、「そう聞けば なるほど!って思うんだけど…。国語の問題文みたいだ」と。


作者が作品を解説するなんてやっぱり恥ずかしいことなんだけど、どうしてもわかってもらいたい物語の本質がどうも僕の漫画では伝わりにくいようで、難しさを感じました。

どうしたらよくなるのだろう、というのを審査員の人たちにアドバイスしてもらえたら凄く嬉しいけど、もし審査員の人に内容が伝わってなかったらアドバイスしようがないのでは…。



と、せっかくの機会だというのにあっけない評価で終わってしまったら残念なので加筆することにします。


特に最後の2ページは、締め切り前ギリギリということもあって凄く駆け足で描き、コマ割りとか構図もかなり行き当たりばったりなところがあったのでじっくり吟味してなかった。


それで友人などの感想で「内容がきちっと伝わってなくても、叙情的な雰囲気が魅力的だと思うしそれでいいんじゃない?」というのがいくつかあった。
確かに雰囲気を楽しんでもらえることもありがたいけどやっぱり伝わってほしい。

そのため最後の1ページだけ差し替える予定です。(応募したあとで差し替えるのがアリなのかはわからない・・・)
最大限いい作品を読んでもらいたいな。


来月の次の審査で、100作品が今度は一気に30作品に絞られます。

応募してから自分でどんどん好きになってったこの作品。なんとか生き残ることはできまいか・・・!!


他の作品群がスゴイのばかりなので希望は薄いけれど、もしこれに残れたとしたらその時は焼肉たべよ!!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

21th Birthday Boy

2014-07-30 06:06:05 | 5分日記
もう昨日のことになってしまいましたが

ついに21歳です。


年齢は、20をすぎてからは、上がっていくことをもはや喜んでいいのかわからない。


21年の人生の中でこうしておけばよかったな?なんて思うのは、やはり中学~高2くらいの5年間。

ずっと描いてくればよかったのに…。
その空白を埋めるような日々です。

例えば5年前(もう5年前!?)、高校で仲の良かった友だちがかなり絵がうまかったを見たのだけど、 たぶん5年たったいま僕はその5年前の友だちにも、画力では追い付いていないのだろうなという感覚。

あまり自分を卑下してもいけないけど、「5年前のあいつ」に追いついたと思えた瞬間が来たとき、それがやっとスタートなのかな、と思うのだ。



僕がこのまま描いていって、漫画家になるとまっすぐ夢を追い続けたとして、

それがいかなる形にせよ叶うのは5年以上先になるかなあと思っている。

事を成すのに1万時間というから、血反吐吐くように1日14時間頑張り続けられたとしたら2年くらいで何かきっかけをつかめるレベルにやっと到達できるかもしれない。



しかしこの5年という数字はいまの僕に色々と響いてくるなぁ。

まだ、埋まらないんだから。






そういえば、「ネーム大賞」、読者審査が始まりました。

応募総数は250作品となったようですね。

僕の作品はNo.194 「Scratch on the World」です。ぜひ。

もし僕の作品を読んで、応援してくれるという方は リンク先で示された宛先に、メールで投票してくださいね!




8月15日に、一次審査途中段階(250作品が100作品に絞られる)の審査結果が出ます。審査員の講評とともに! 
この100作品にはなんとか残りたい。。。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

21 century boy

2014-07-11 23:29:52 | 5分日記

21世紀に変わる瞬間に21歳の誕生日を迎えた人はどれだけいるんだろうなあ。


そういえば、年齢が1上がる瞬間ってのは法的には、誕生日とされる日の前日らしいですね。
「誕生日の前日の24時」
まあ、誕生日の日の0時とも言えるのだけれど、とりあえず年齢のカウントは「誕生日の前日のうちにされるのよ」という言い分らしいです。

アニメの放送情報などをみて「木曜日25:30~」という表記がされたりするような感じですかね…。
こういう表記は、初めて見た時は 金曜日の1:30なのか木曜日の午前1:30なのか混乱したもんですが…。



僕もそろそろ21になってしまいます。

非常につらい。

月日は非情に、着実にふりつもってゆく。

まさか年齢がひとつ重なることを憂う日がこんなにも早く来るとはな~。


特別、お酒が飲めるようになっていいことはないし、というかお酒に弱すぎるしそんなに好きでもない
にもかかわらず

この年齢になると、なにかと「集まり」には酒がないとダメって人が増えてイヤになります。

なぜ「飲み会」でなくてはいけないのだろうか?
カラオケに行くことが目的じゃだめなのだろうか?
もはや完全にカラオケは「2次会」のものになって、メインに行かれることが無くなった…さみしい…

とはいえ高校までの友だちとは特に、酒なんぞなしでも付き合えるけれども、
大学ではホントにふた言目には「飲み」なのでつかれてしまいます。



はぁ~。
サマージャンボ当たらないかな~。


世界一周したいな~。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第6回ネーム大賞に応募しました

2014-07-01 00:54:05 | 5分日記

ああああ。


死ぬかと思った・・・


無事。

第6回、ネーム大賞に応募することが出来ました。


〆切の10分前に応募しました・・・;;;



土・日・月、と死にものぐるいで作業しまくりでした。

とくに締め切り前となって今日は(もう火曜だけど)、24時間中18時間くらいは作業机にいて頭狂いそうでした。


大学の授業も、バイトも休ませてもらってひたすらにひたすらに。
そうしてやっと、10分前に応募ができるという状況だったので、もし今日大学を優先したりしていたら諦めるしかなかったと思います。


あまりおおっぴらには胸を張って言うことは出来ないですが良い判断だったかなと…。
そもそももっと早くからスケジュールをしっかり管理して着々進めてきていればよかったのだけど。



締め切り前に駆け込みすぎた結果、作品の後半は絵が雑になってきたりクオリティがアレな感じになってしまったけれど、

なんとか、終えることが出来てよかったです。



この作品  「Scratch on the World」は、シキサロにて公開してます。



また、このネーム大賞では7月15日から、「読者賞」という賞のための投票が解禁されます。

一般の読者から投票を得て、賞を獲得するというものです。


もし、僕の作品を応援していただける方は、投票して応援してもらえるとすごく嬉しいです。






ああ、初めて、こういう賞に応募することが出来ました・・・。


完成原稿ではないけれど、

はじめて、色んな人にも、編集とかプロの人にも見てもらえる機会にふれることが出来ました。



どんな評価がもらえるか怖くもありつつ楽しみです。







あああああああああああ!!

よかったああああああああああ!!!!!!!!!!


ゼッタイ無理だって思ったあああああああああああああ!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加