登山・花日記(Ⅱ)

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

シモンさんと山探検・小生瀬から奥久慈男体山

2016年05月08日 19時49分53秒 | シモンさんと山探検
H28年5月8日、シモンさんの「茨城の山探検」(第51回)に参加した。

今回は新月居トンネル脇から歩かれることが稀な尾根を男体山へ、下山は縦走路から水根に降る周回ルート。
通常歩く山道とは別ルートで自分は初めてのもの。男体山を北側の尾根からとは思いもつかなかった。
   
新月居トンネル脇P7:50~車道~取り付き口8:20~白木山への尾根と合流9:35~10:00すいふ恵海の森トイレ休憩~11:05男体山頂(昼食)11:40~13:00水根分岐~14:20新月居トンネル脇P
約6時間半の山探検でした。

登山・花日記   山行記録一覧   地域別山行記録一覧  シモンさんと山探検一覧  

今回の山探検計画図


新月居トンネル脇に23名が集合


リンゴ園が多い水根地区を行く。前方は白木山です。


工事中の車道から取り付く


新緑が眩しい山道です。


尾根に出ると白木山が大きく


ヤマザクラが綺麗に咲いている所もある。


尾根の鞍部で小休止。ここから登り返すと白木山への尾根に出る。


白木山への尾根を横切り持方牧場跡地内をワラビを採りながら降る。


持方の「すいふ恵海(めぐみ)の森」でトイレ休憩。
男体山のシロヤシオ咲く藪尾根を見上げるとシロヤシオが咲いているのが点々と見える(アップで撮影)


男体山のシロヤシオ咲く藪尾根に取り付く


出てきましたシロヤシオ、満開です。陽に映え新緑とマッチし素晴らしいものでした。






展望も良いですね~




男体山山頂。多くのハイカーが訪れていた。


シモンさん撮影


男体山/月居山縦走路の水根分岐付近で見られたギンランとキンラン


縦走路から水根方面へ


イワタバコも、開花時は綺麗でしょうね。


尾根は右に左に支尾根が張り出し地形図では読みにくいかも・・・






工事中の車道に出て駐車位置へ戻る。


好天のもと新緑とシロヤシオを楽しめました。
今回も良いルートを案内して頂いた。紅葉時期も良さそうなので復習してみようと思ってます。
シモンさん、参加者の皆さんありがとうございました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福島県塙町ふれあいの森から... | トップ | 八溝山のシロヤシオ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シロヤシオ (のんびり夫婦の山遊び)
2016-05-09 18:57:39
yamasanpoさん、yosieさん、こんばんわ!
皆さんと初夏の新緑が眩しなか、花が咲く奥久慈を楽しむ
ことができ、良かったですね。
奥久慈男体山のシロヤシオは姥らしい花付き、青空に映え、
素晴らしいですね。
ツツジもアカヤシオが終わり、ミツバツツジも終盤、
これからはシロヤシオとヤマツツジ、存分に楽しみたいですね。
今週末、楽しみです。
のんびり夫婦の山遊びさん (yamasanpo)
2016-05-09 20:08:53
新緑が綺麗な時期になりましたね。
男体山のシロヤシオは遅いかもと思ってましたがまだ見られました。
静かなルートで良かったです。
また歩いてみるつもりです。
今週末、楽しみですね。
Unknown (和子&徹也)
2016-05-09 22:01:32
yamasanpoさん、yosieさんお疲れ様でした。
中々難しいルートでしたね。
あんなにシロヤシオが咲いてるとは思いませんでした。
貴重なキンラン、ギンランも見られて良かったです。
初めてみたイワギボウシも印象に残ってます。
週末のツツジが楽しみです。
Unknown (リンゴ)
2016-05-09 22:43:51
奥久慈男体山のシロヤシオも見事ですね。
そろそろ高原山大入道も気になるところ。

オフ会の件でメールしました。
Unknown (くに)
2016-05-09 23:31:01
おお~水根からですか!
私も水根から行ってみたいな~と思っていたんですよ。
いいですね~レポを見てさらにそそられました!
和子&徹也さん (yamasanpo)
2016-05-10 07:42:34
花あり展望あり良いルートでしたね。
紅葉も良さそうまた歩いてみようと思ってます。
週末楽しみですね。
リンゴさん (yamasanpo)
2016-05-10 07:47:54
男体山のシロヤシオも綺麗に咲いてます。
大入道もそろそろでしょうか。
今年はどんなものか気になるところです。
オフ会メール、確認してみます。
くにさん (yamasanpo)
2016-05-10 07:55:41
今回は縦走路から水根に下ったものですが、
静かで良いものでした。
水根への道標はしっかりしたものですが、山道には道標なしベテラン向きですね。
水根から登路のほうが分かり易くお奨めです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL