登山・花日記(Ⅱ)

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

花散策・富士山~前山~吾国山

2017年04月13日 19時04分31秒 | 筑波山塊
H29年4月13日、富士山~前山~吾国山を周回しました。

カタクリとヤマザクラを見て来ようと富士山~前山~吾国山の周回ルートとする。
ルートは昨年に「シモンさんの山探検」で一緒させて頂いたものをトレースした。
   
駐車位置P7:45~車道~富士山取り付き口8:00~富士山8:25~車道~前山取り付き口9:35~車道出合~9:35前山三角点9:45~車道出合~10:55吾国山(昼食)12:05~13:05駐車位置P
5時間20分の花散歩でした。

登山・花日記   山行記録一覧   地域別山行記録一覧  筑波山塊記録一覧



車道膨らみに駐車


高速道の法面の工事用車道かな?突き当りが終点


法面は金網フェンスがあって入り込めない。取り付き口を探してウロウロ。
フェンスの先のヤブの薄そうな所から取り付く。


ヤブを掻き分け進むと踏み跡に出た。


踏み跡を追っていくと山肌が削られている展望地へ。左に前山、右に吾国山。


富士山頂


杉林の中を降る


里に出て田んぼ道から振り返り見る富士山。


高速道を跨ぐ橋を越え、前山へ取り付く


踏み跡はなく適当な所を選んで登る。この手前にも歩けそうな尾根もあるが三角点を巻いてしまうとのこと。




前山三角点。


三角点付近のヤマザクラ、天を仰ぎみると咲き始めている。




吾国山をグルリと走る八巻道路、道路沿いのヤマザクラも咲き始めている。




吾国山へ取り付く


倒木が多く荒れている。


次第に落葉樹林になり明るい尾根になる。


山頂直下でハイキングコースに合流し山頂へ。筑波山、加波山が綺麗にに望める。


カタクリ園地。一昨日の雨のせいか花に傷みが出ていいる。今期は終わりかな~






白花も見られた。




下山します。


カタクリもポツポツと、ニリンソウが咲いてました。


里に出て、振り返り見る吾国山。良く見ると尾根がいくつも走っている。機会をみて歩いてみよう。


カタクリはほぼ終盤、ヤマザクラはこれから・・花の時期は難しいものです。
それでも芽吹き始めた山は良いものでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笠間の枝垂れ桜 | トップ | 花散策・古賀志山 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
花散策 (のんびり夫婦の山遊び)
2017-04-15 00:04:40
yamasanpoさん、yosieさん、こんばんわ!
春の青空のもと、カタクリやヤマザクラなどの花々を楽しむ
ことができ、良かったですね。
サクラはソメイヨシノも良いですが、ヤマザクラは風情が
あって好みです。
吾国山のカタクリは終盤でしたか~来週、筑波山のカタクリ
やニリンソウを楽しもうと思っています。

のんびり夫婦の山遊びさん (yamasanpo)
2017-04-15 07:11:45
暖かくなりやっと咲いたかなと思ったら、雨風にさらされ・・花の時期は短いですね。
ヤマザクラも遅れていてこれから見頃ですね。
筑波山のカタクリは例年遅いのでちょうど良いかも知れませんね。
レポ待ってます。
春の里山 (和子&徹也)
2017-04-15 10:40:24
yamasanpoさん、yosieさん吾国山のカタクリ終盤ですか?
里のソメイヨシノは散り始めましたが、山桜はこれかまだ楽しめそうですね。
昨日雨巻山を歩いて来ました。
やはりカタクリは終盤でした。
親水公園の桜が満開でしたよ。
明日は筑波山のカタクリ、ニリンソウを楽しんで来ます。
和子&徹也さん (yamasanpo)
2017-04-15 12:08:49
あっという間に終わった感じですね。
雨巻山でもそうでしたか。
花の命は短いものですね。
筑波山では待っていてくれるでしょう。
ニリンソウも良さそうですね。
Unknown (セとナ)
2017-04-16 18:55:26
白花カタクリが見られて良かったですね。
例年ならピンクに染まる難台山や館岸山、
山桜の花付が良くないような気がします。
それにしても一気に咲き出した花々に
置いてきぼりされそうです(^-^;
セとナさん (yamasanpo)
2017-04-17 10:16:42
このところの暖かさで花が一気に進みましたね。
ヤマザクラの花つき、良くありませんか。
カタクリも良くないと感じましたが裏年なんでしょうか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL