登山・花日記(Ⅱ)

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

川入から飯豊・大日岳(その2)

2016年08月08日 21時17分11秒 | 飯豊・朝日連峰
川入から飯豊・大日岳(その1)からの続き

今日の行程は
8月7日:御西非難小屋4:10~5:10大日岳5:25~6:30御西非難小屋(朝食)7:00~御西岳7:05~8:00飯豊山頂8:05~8:15飯豊本山避難小屋8:30~9:45切合避難小屋10:00~11:00三国避難小屋11:15~水場12:00~登山口13:25~13:30御沢野営場
    約9時間20分の山散歩でした。

御西小屋を4:10、ヘッドライトを点灯しサブザックでスタート
尾根途中で夜明け、飯豊本山の肩付近から陽が登る。


約1時間で大日岳山頂。360度の大展望、素晴らしい眺めです。昨日無理せず今日にして良かったな~




西大日岳方面


牛頸山を中心としたオノベ松尾根。良い感じですね~


山頂から飯豊連峰主脈の雄大な景色。左に北股岳、中央に烏帽子岳


二王子岳方面


眺望を楽しんだ後、誰もいない山頂を後にする。飯豊本山へのウネウネとした尾根を見ながら


往路では薄暗かったこともあり気が付かなかったが尾根道の両側はお花畑




ニッコウキスゲの群生地も


文平ノ池周辺はお花畑




振り返って大日岳への雄大な尾根。左は牛首山


ニッコウキスゲと大日岳


御西小屋も大きくなってきた。


ハクサンイチゲもまだ見られる


御西小屋へ戻った。小屋前から見る大日岳をおかずに朝食とする。


御西岳。登山道からはちょっと外れているが折角なので寄ってみる。山頂は三角点があるのみ。


御西岳から見る大日岳方面


御西岳~飯豊本山の中間に位置する駒形山


駒形山から見る飯豊連峰主脈の雄大な景色


飯豊本山から見る大日岳方面。昨日はガスっていたが今日はスッキリと


飯豊本山から見る帰路の種蒔山への稜線


草履塚~切合小屋への稜線


切合小屋で小休止


三国小屋で大日岳をしっかり見て、名残惜しいが下山とする。


登山口


キャンプ場着。暑かったが予定より早く着いた。


二日間とも好天に恵まれ眺望も花もたっぷりと大満足な山旅でした。
飯豊山は期待通りの山、また機会を見て歩いてみよう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川入から飯豊・大日岳(その1) | トップ | 馬越峠から天狗山~男山 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (セとナ)
2016-08-10 09:58:51
こんにちは。
一泊で大日岳往復するなんて凄いです。
二泊でやっとでした(^^;
山頂の写真満足感で一杯ですね。
でも何時もの奥様が隣にいないせいか心なし寂しげに見えるのは気のせい(笑)
マツムシソウいいですね~
マツムシソウは見たいけど暑いのが嫌でこの時期は歩いてないけど歩いてみたくなりました。
セとナさん (yamasanpo)
2016-08-10 12:41:24
天気にも恵まれ眺望も花も最高でした。
今はマツムシソウがピーク、秋の花も混ざり賑やかです。
寂しげに見える・・気のせいですよ。
たまには一人も良いものです。

飯豊山 (サッチャー)
2016-08-10 13:12:33
yamasannpoさん、こんにちは。
私もマツムシソウ目当てで、7/27川入泊7/28~31飯豊山全山縦走をしてきました。飯豊山は11年前に初めての小屋泊でデイダラボッチに連れていただいた山です。その時、御西小屋付近の草月平で見たお花畑は印象に残っていて、又マツムシソウが見たいと思っていました。今回16kgのザックの重さで両肩の水膨れがくずれて痛くて大変でした。やっと歩いたので、yamasannpoさんのブログを拝見して、改めて感動しました。
サッチャーさん (yamasanpo)
2016-08-10 14:20:01
飯豊連峰縦走とは羨ましい限りです。
単独では無理なので諦めていますが良い尾根です。今回じっくりと見てきました。
御西小屋付近の今時期のお花畑は、派手な花は少なく写真ではわかりにくいですが、見事なものでした。
マツムシソウは自分の好きな花の一つで納得するまで見てきました(笑)
16キロのザックを担いで大変だったでしょうね。
でも良い山でしたね。
お珍しいですね (和子&徹也)
2016-08-10 18:03:16
奥様とご一緒ではないとは?
飯豊山は凄く奥が深い。
色々な登山口からのルート楽しめますね。
ちいちゃん、カッチン、まーちゃんが嵌るのも納得ですね。
花も夏の花から秋の花も見れて良いですね。
此方は、土日に常念岳、蝶が岳を歩いて来ました。
穂高連峰が綺麗でしたよ。
和子&徹也さん (yamasanpo)
2016-08-10 19:11:28
常念岳~蝶が岳でしたか。
穂高連峰の展望尾根ですからさぞ素晴らしいものであったでしょう。
この尾根を歩けるようでは体調は戻りましたね。良かったね~
これからは半端ない暑さが続くことから油断せず無理せずに
雄大~ (のんびり夫婦の山遊び)
2016-08-10 19:59:54
yamasanpoさん、こんばんわ!
翌日も天気が良く、雄大な眺めと花々を楽しむことができ、
また、ご来光までもと最高の飯豊でしたね。
その1、その2と素晴らしいレポの連続~何れは歩きたい
と思っちゃいました。
のんびり夫婦の山遊びさん (yamasanpo)
2016-08-10 20:45:15
山は天気しだいですね。
好天に恵まれ素晴らしい眺望を得られました。
飯豊は要所に避難小屋がありうまく使えば楽に歩けますね。
飯豊は花の山、機会をみつけ訪れてみてはどうでしょう。
Unknown (chikoやん)
2016-08-10 23:18:01
すご~~~くベタだけど(^^;飯豊山で
「飯豊はいいでぇ~~!!」って叫んでみたい。(^^;
イイデリンドウってこんなにかわいらしい形で
きれいなブルーなんですね。
一度見てみたいお花の一つです。
優しい笹原に登山道がどこまでも続いているように見える
東北の山のおおらかさ~。
飯豊って、稜線に出るまでがきついのよ~。
の言葉にすっかりビビって、行きたいなぁ。でも・・・
の山域です。(^^;(^^;
3つの季節のお花見が楽しめるなんて、なんとも
贅沢ですね。
もうちょい経験値を上げて、私もいつかは・・・
と、改めて思ってしまいました。(*^^*)
Unknown (まっ黒くろすけ)
2016-08-11 09:52:32
いやぁ~、やっぱ飯豊はいいですねぇ~(^^♪
2011.7/11~7/15でやはり川入から入り、杁差岳まで全山縦走(単独)したことを懐かしく思い出しました。お天気にもお花にも恵まれましたが、靴ずれで泣くと言う初体験もし、負傷兵のように歯を食い縛って下りて来たのも今となってはいい思い出です。
chikoやん (yamasanpo)
2016-08-13 19:27:37
飯豊山は花も多く良いですよ。
今は紫色の花が多く好きな季節です。
イイデリンドウも多く見られます。
東北の山はアルプスと違いおやかな尾根ですね。これが良いですね~
chikoやんならどこからでも登れますよ。
ぜひチャレンジを
まっ黒くろすけさん (yamasanpo)
2016-08-13 19:33:42
飯豊縦走とは凄いですね~
さすがです。
単独では縦走が難しいですから。
7月では花の最盛期、素晴らしい花尾根であったでしょうね。



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL