登山・花日記(Ⅱ)

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

六十里越から浅草岳

2016年06月19日 12時36分17秒 | 越後の山
H28年6月18日、ヒメサユリ咲く浅草岳を歩いてきました。

浅草岳は越後山脈に位置し、新潟県魚沼市、福島県南会津郡只見町にまたがる。標高1,585.5m。一等三角点「浅草岳」設置。登山ルートは複数あるがヒメサユリが多く咲くと聞く六十里越登山口からとする。
浅草岳のこれまではいずれも天気との相性が悪く良い思い出はない。次の機会には「晴れ+ヒメサユリ」と思っていて、梅雨の間の晴れ間が期待できる今がチャンスと出かけてきた。

六十里越登山口7:20~マイクロウェーブ中継局8:20~南岳9:10~鬼ヶ面山9:40~10:00北岳10:15~狢沢カッチ10:35~前岳~11:25浅草岳11:40~前岳~狢沢カッチ12:20~12:50北岳(昼食)13:10~鬼ヶ面山13:30~南岳13:55~マイクロウェーブ中継局14:30~15:00六十里越登山口 約7時間40分の山散歩でした。

登山・花日記   山行記録一覧   地域別山行記録一覧  越後の山記録一覧  

自宅3:50発ー塩原ー田島ー田子倉湖ー六十里越登山口7:10着 一般道209Km
国道252号六十里越トンネル出口の登山口から南岳、鬼ヶ面山、前岳、浅草岳のルートで往復する。


六十里越登山口。駐車場は満車、登山口のスペースに車を押し込む。


マイクロウェーブ中継局を過ぎなだらかな山道の脇にコケイラン、チゴユリなどが点々と。 
 


南岳。ここから先の尾根はヒメサユリロード


南岳から降ると早速、尾根に多くのハイカーが群がっている。


尾根の両脇にヒメサユリがびっしりと


綺麗ですね~


まだ続くヒメサユリ


ツボミも多く見頃はまだ続きますね


鬼ヶ面山。多くの方が休まれていてスルー


まだまだヒメサユリが続きます


小ピークを越え北岳へ


北岳直下にもヒメサユリ


シラネアオイも


北岳のピークは登山道を少し外れているが立ち寄ってみる。ピークの先は蜜藪、登山道に戻る。


北岳にザックをデポしサブザックで浅草岳を往復する。


この尾根にもヒメサユリ




ニッコウキスゲ、ヒメサユリ、カラマツソウやハナニガナのお花畑。


ベニサラサドウダン オノエラン


V字谷


前岳への登り


前岳ピーク(1568m)に、そこから雪渓を下ってネズモチ平からのコースと合流。右端に浅草岳


雪渓からパラグライダーで飛び立つ準備をしている方も


雪渓が融けた湿原に一際目立つミツバオウレン。他にイワカガミ、シラネアオイ、イワイチョウなども。


浅草岳山頂(1585m)。ガスっぽくて展望は良くないが今の時期はこんなものでしょう。


パラグライダーが飛び立った。


下山です。南岳からの尾根が確認できる。


新潟の山らしい荒々しい斜面(絶壁)沿いの登山道を行く


貉沢カッチ(1452m )から浅草岳方面


鬼ヶ面山への尾根はS字状にうねっている。


北岳で遅めの昼食をとりザックを回収し往路を戻る。




天気も午前中はイマイチでしたが午後になると持ち直し展望が得られ、そして期待通りのヒメサユリ、待ちに待ったかいがあった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 泡滝ダムから以東岳(その2) | トップ | 会津駒から御池縦走 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (セとナ)
2016-06-20 14:31:58
こんにちは。
ドンピシャでしたね。
ヒメサユリロード!
色んな花が咲きいい尾根ですよね~
計画していたのですが実現できずに(涙)
行った気分になれました。
ヒメサユリロード (のんびり夫婦の山遊び)
2016-06-20 19:31:55
yamasanpoさん、yosieさん、こんばんわ!
天気もまずまずだったメサユリなどの花々が咲く鬼ガ面山・
浅草岳~花々を愛でながら気持ち良く歩けたことでしょうね。
何とも綺麗なヒメサユリ、それもずっと続くのですから~
レポを拝見し、日程と天気が合えばですが~是非とも
歩いてみたくなりました。
ニアミス (リンゴ)
2016-06-20 19:49:05
流石に健脚のお二人。
スタートが2時間も遅かったのに、浅草岳到着は30~40分違い。
ちょうどその頃、天狗の遊び場で戯れていました(笑)
それにしても他の花は勿論、素晴らしいヒメサユリロードでしたね。
栃木県北からは意外と近いという事も分かったので、毎年恒例となりそうです。
あっ、来年は鬼ヶ面山まででいいかな?(笑)
セとナさん (yamasanpo)
2016-06-20 19:52:14
ヒメサユリ、見頃でした。
ず~と咲いてますからね~
梅雨時期の中、天気もまずまずラッキーでした。
のんびり夫婦の山遊びさん (yamasanpo)
2016-06-20 19:58:35
低山ながらアップダウンがありなかなか手強いルートです。
でもその分、花が綺麗ですね~
ヒメサユリは見事の一言です。
歩かれる際には登山道の片側が切れ落ちた場所もあるので充分気を付けて下さい。
リンゴさん (yamasanpo)
2016-06-20 20:03:23
誰かと会うのではと思いながらでした。
天狗の遊び場でまったりされていたのですね。
以前に行ったことがあったのでパスでした。
行ってみればよかったな~
ヒメサユリ! (とくちゃん)
2016-06-20 23:04:52
こんばんは⌒o⌒*

浅草のヒメサユリみてみたいと思っているのです。
どうにか縦走できないかとも考えたり・・・!
ユリロードもさながら、絶壁歩くビジュアルもいいですね~!
Unknown (でん)
2016-06-20 23:24:24
おそらく午前中から天気が良いと大量のブヨに悩まされたと思います。
湿気の多い山域なので朝は雲海となることのほうが多いですけどね。
それでカミサンは、もう行きたくないと言っていましたが
やっぱりヒメの魅力には勝てなくてまた行ってしまいました(笑)
歩く人が増えオーバーユースにならなければいいですね。
とくちゃん (yamasanpo)
2016-06-21 08:06:27
ヒメサユリ、綺麗でした。
このルートにはヒメサユリが多いですね。
縦走ですか・・田子倉湖口から登り六十里越口へ降り立つハイカーが何人かいました。
でも車道距離は7~8キロあり歩くのは辛いものがありますね。
自転車であればほぼ下りですから使えそうですが車道が狭く危なっかしいです。
でんさん (yamasanpo)
2016-06-21 08:12:48
でんさんのレポ、参考となりました。
虫、多かったですね。
カミさんは虫よけネットを被ってのものでした。
聞きしに勝るヒメサユリ、リピーターが多いのも分かりますね。
リンゴさんが来ていたとはビックリでした。
Unknown (chikoやん)
2016-06-21 12:20:43
開いたばかりの濃いピンク色のヒメサユリ。
とってもきれいでしたね~。
去年は、乳白色の中に咲く姫様’sだったけれど、
今年は、雪国のかっこいい山の景色にも会えて
大満足♪
私は、ブヨを警戒して、蚊取り線香をぶら下げ
自分も燻されながら歩いてました。
下山した直後は「もうやだ~!」って思ったけれど、
また歩きたい姫様ロード。
我ながら単純~。
でも、まだ筋肉痛。(^^;
浅草岳来年は行くぞ (和子&徹也)
2016-06-21 18:38:45
yamasanpoさん、yosieさん花の綺麗な山とは聞いていましたが。
素晴らしいです。
ヒメサユリ、アオイ、キスゲも咲き出したんですね。
ブヨですか?
フェィスネット、虫除けスプレーも持参ですね。
chikoやん (yamasanpo)
2016-06-21 19:53:07
綺麗でしたね~
まさにジャストタイミングでした。
カミさんはネットを被ってのものでした。
蚊取り線香は持って行ったのですが使わずじまいでした。
アップダウンの繰り返しできついものがありましたが、花が綺麗であればね~
癖になる山です。
和子&徹也さん (yamasanpo)
2016-06-21 19:55:22
素晴らしいですね。
花の山、お奨めです。
虫よけネットがあればなんとかなりますね。
尾根道は切れ落ちた所もあり要注意です。
Unknown (まっ黒くろすけ)
2016-06-23 10:59:44
25(土)~26(日)で守門岳、淺草岳と予定していますが(娘と一緒)、お天気がウ~んで心揺れています。夕べ娘ととにかく行くだけ行って見ようと話あったところです。
浅草岳は田子倉~六十里越登山口(民宿の方に送ってもらえるので)のつもりですが、天気によってはヒメサユリだけ見に六十里越からの往復にしようと思っています。娘も超楽しみにしてるようなので、天候で奇跡が起きないかと願ってるところです・・・(^^;
まっ黒くろすけさん (yamasanpo)
2016-06-23 12:04:15
浅草岳のヒメサユリ、今週末であれば天気も回復傾向にあり花も間に合いますね。
南岳~浅草岳の間は断続的に咲いていてそれはそれはの状態でした。
登山道は絶壁際を歩く場所もあり気をつけください。
娘さんと楽しみですね。
レポ、お待ちしてます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL