登山・花日記(Ⅱ)

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

泡滝ダムから以東岳(その2)

2016年06月13日 07時57分56秒 | 飯豊・朝日連峰
泡滝ダムから以東岳(その1)からの続き

今日の行程は、
6月11日:大鳥小屋5:00~三角峰コル~オツボ峰7:20~8:15以東岳8:35~東沢出合10:00~10:30大鳥小屋11:10~13:20泡滝ダム駐車場 約8時間20分の山散歩でした。

周回で6時間の予定、天気は良いので最小限の持ち物を入れたサブザックで身軽に行く。
前日に管理人さんから稜線の水場2ヶ所は雪の下で使えないことを教えて頂いていたので水持参です。


朝の大鳥池は山並みを写した鏡面です。


すぐに直登ルート(右)とオツボ峰ルート(左)の分岐。迷わず尾根歩きのオツボ峰ルートを選ぶ。


ムラサキヤシオも花つきが良く鮮やかです。


マンサクも見られるとはね~


標高を上げ振り返ると大鳥池、大鳥小屋も確認できる展望の良さ


三角峰のコル(写真右上の鞍部)直下の残雪。今日のルートの中でここだけ残雪上を歩く。


三角峰のコル付近から見る以東岳(右端)。左からたおやかな尾根を歩くもの。


稜線のチングルマ。ピークを過ぎた感があるがまだ見られます


ヒメサユリはこれからです。ニッコウキスゲも同じ状態でこれからです。


水場の道標が立つ場所。稜線上とは思えないこの広さ、これが東北の山なんですね~


雪渓越に右に月山、左に薄っすらと鳥海山、写真からでは見にくいかな


三角峰のコルから先の稜線にはみねミヤマウスユキソウがびっしりと。
このピークは三角峰、ルートから外れている。


ハクサンイチゲも良い感じです


たおやかな稜線歩きは気分爽快。目指すオツボ峰、以東岳に続く稜線。こののびやかさ、雄大さ。
アルプスにはないこの感じ、東北の山ならではです。


オツボ峰(1650m)。


稜線に咲くシラネアオイ。


雪渓は後退し稜線には雪はない


大朝日(中央左のピーク)への稜線も雪はなさそう。大朝日岳、西朝日岳、竜門山、寒江山とつながる稜線が一望できる。いやぁ~、この主稜線ののびやかさ。そそられますねぇ


大きく口を開けた雪渓上を歩くカミさん


チングルマの群生地、素晴らしいですね


イルカ岩


以東岳山頂(1771m)。山頂には一等三角点が鎮座してますが、山名標識はなし。なんとも奥ゆかしい山頂。昨夜大鳥小屋に同宿した方が休んでいたので撮って頂いた。


大朝日へのルートとの分岐


展望を楽しんだあと直登ルートを下山です。


以東小屋は解体され更地になってました。予定では今年に基礎工事、来年は建屋工事とのこと。
水場は雪渓の下です。


大鳥池を目指して急降下。大鳥池は熊の毛皮のような形に見えますね。


標高を下げ東沢出合付近に近づくとお花畑、カタクリもイワカガミも・・多くの花が入り乱れて
ヒナザクラ


リュウキンカかな? 目が覚めるような花、今が盛りと群生してました。


アップで撮ってみるとさらに鮮やか


シラネアオイも元気、元気




渡渉場所の東沢出合。飛び石伝いにはちょっと危なっかしいのでルートを外れて倒木を足場に難なく超える。


東沢出合からは大鳥池沿いを行く。池沿いの道は平坦かと思いきや、意外と岩場があったりアップダウンがあったり。しかも道幅が狭いところも何箇所も。・・・ぼんやりしてると、池にどぼんです。


無事に大鳥小屋に着いた。所要時間は5時間半、身軽だったこともあり予定よりも早く着いた。ここでゆっくりと昼食


下山時には多くの方と交差した。その9割方は釣り目的で登山者の割合は以外にも少ない。


下山時にも5ヶ所の水場で水分補給、水が豊富な山でした。


天気にも水場にも花にも恵まれ良い花旅でした。東北の山も良いですね~また来よう

ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 泡滝ダムから以東岳(その1) | トップ | 六十里越から浅草岳 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
雄大なトレイル (のんびり夫婦の山遊び)
2016-06-13 19:16:41
yamasanpoさん、yosieさん、こんばんわ!
何とも雄大な花のトレイル、綺麗な写真に思わず見入って
しまいました。
花も眺望も素晴らしいトレイル、歩いてみたくなりましたが、
如何せん遠いですね。
白い小さな花ですが、多分ヒナザクラではないでしょうか。
素晴らしいレポ、楽しませていただきました。
朝日連峰 (リンゴ)
2016-06-13 20:14:39
随分前に山仲間と1度計画をしたことがありますが、天候不順で計画倒れになってしまいました。
雄大な眺めと伸びやかな稜線。
花の種類も多く、本当に素晴らしいところですね。
自分も歩いてみたくなりました。
Unknown (でん)
2016-06-13 20:23:29
タキタロウ伝説の大鳥池から以東岳周回ならのんびりできたんじゃないでしょうか。
飯豊連峰だけでなく朝日連峰も、どちらも東北らしいいい山ですね。
のんびり夫婦の山遊びさん (yamasanpo)
2016-06-13 21:11:30
東北の山は素晴らしいです。
山良し花良しですが遠いのがネックですね。
ヒナザクラ、ありがとうございました。
早速、修正しました。
リンゴさん (yamasanpo)
2016-06-13 21:17:47
雄大でもあり花も多く良い山です。
お奨めです。
ちょっと遠いものですが機会をみて歩いてみて下さい。
でんさん (yamasanpo)
2016-06-13 21:29:07
以東小屋が使えたらもっと楽しめたことでしょうが。
飯豊も朝日もルートとりがいかようにもでき奥深いですね。
どちらも好きな山です。

Unknown (ぶなじろう)
2016-06-13 22:58:12
今晩は。
自分もそそられました。
以東岳は未踏で、足が治ったら行ってみたいですね。チョット遠いのが難点ですが。
Unknown (くに)
2016-06-13 23:19:44
あ~いいですね~!
私も泡滝ダムから登ってみたかったのです。
でも登山口までが回り込んでいくようで遠く感じられちゃって。
いつか古寺鉱泉から泡滝ダムに降りるような縦走をしてみたいです。
以東岳大好き!
Unknown (セとナ)
2016-06-14 13:38:38
こんにちは。
以東岳は紅葉の時期にしか歩いた事がないけど、今の時期もいいですね~
大鳥池からはまだ歩いた事がありません。
いつかきっと・・・
Unknown (和子&徹也)
2016-06-14 13:50:01
以東岳は花が多く見れる山ですね。
チングルマ、シラネアオイ、ハクサンイチゲも見れて良いですね。
昨年2週連続で朝日連峰を訪れましたが、何せ遠いです。
特に以東岳迄の一般道の長いこと。
でも、また行きたくなる山です。
ぶなじろうさん (yamasanpo)
2016-06-14 19:28:41
遠いですね
カミさんと交代しながらの運転ですがそれでもいやになるくらいです。
以東小屋が再建されれば楽しめることでしょう。
ぜひ足を向けてみて下さい。
くにさん (yamasanpo)
2016-06-14 19:36:37
荘内あさひICから一般道を、これが長いですね。
大朝日からの縦走は良いですね。
縦走路をじっくり眺めてきましたが穏やかな稜線でそそられます。
歩いてみたいですね。

セとナさん (yamasanpo)
2016-06-14 19:40:07
紅葉も良さそうですね。
10月中旬が適期と聞いてきました。
花も多いですね
春先から初夏の花まで混在してますね。
素晴らしい山で楽しめました。
和子&徹也さん (yamasanpo)
2016-06-14 19:45:36
山良し花良しですが遠いのが難点ですね
以東小屋ができれば泊まってみたいですね
サンセット、サンライズ素晴らしいことでしょう
Unknown (chikoやん)
2016-06-14 20:16:38
青空のもと、まだまだ雪の残る雄大な
山の景色も素敵だし、チングルマや
ウスユキソウのお花畑も素敵だけど・・・
あぁ、あの、広大な、開放的な稜線。
もぉ、なんて素敵なんでしょ!!!
見える景色一つ一つが優しいですね~。
そこへたどり着くまでは、優しくないっ!(T_T)
ってのは、置いといて(^^;一度は、東北の
山懐へ飛び込まねばっ!!
あぁ、行きたいところばかりが増えていきます~。
うれしい悲鳴♪
chikoやん (yamasanpo)
2016-06-15 07:24:36
7月までは花園、天気が良ければ眺望もバッチリですね。
東北の山は避難小屋が点在しテントは不要、水場もあり花良し紅葉もなお良し、お奨めです。
ちょっと遠いのが難点ですが高速道は渋滞もなくスムーズです。
Unknown (ちい)
2016-06-15 17:55:09
yamasanpoさん、こんにちは。
最高のお天気の稜線歩き、し・あ・わ・せ・ですね~(o^∇^o)ノ
ん~、飯豊もいいけど朝日もいいなぁ。以東小屋早くできないかなぁ。
ちいさん (yamasanpo)
2016-06-15 19:15:39
天気にも恵まれ花と眺望を楽しめました。
私達にとっては数少ない東北の山旅なのでラッキーでした。
飯豊も朝日も甲乙つけがたいですね。
以東小屋、再建が待たれます。
なんせ立地場所が良く、水場もありですからね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL