goo

名古屋はヤバイ 矢野新一

「京都嫌い」の二匹目のドジョウを狙ったような題名だが、中身はごく普通の「名古屋紹介本」だった。名古屋に住んでいる本当の名古屋嫌いの人が書いた本ならば面白いのだろうが、著者は他県に住む、県民性を調査したことがある研究員とのことで、しかも名古屋が好きという立場らしい。要するに「京都嫌い」とは間逆の本だが、それでも読んでいると色々な発見があって面白い。名古屋を貶しているようで実は褒めているという本はいくらでもある。二匹目のドジョウでも良いので本当の「名古屋嫌い」本を読んでみたいと思った。(「名古屋がヤバイ」 矢野新一、PLUS新書)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 神様のケーキ... 謎のアジア納... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。