goo

政府はもう嘘をつけない 堤未香

著者と言えばアメリカの貧困問題を鋭く指摘した著書が有名だが、実際にそれらの本を読んでみると、単にアメリカの問題点の指摘だけではなく、それを踏まえた日本への教訓という視点がその語り口に色濃く出ていることに気づく。本書は、今までの本以上にそうした特徴が強く感じられる一冊だ。「公務員の定義の話」「アメリカ大統領選挙のトランプ氏躍進の本当の意味」「TTPの隠された意味」等、とにかく読んでいて驚かされることばかりで、自分の情報源が如何に偏っているのかを思い知らされる。(「政府はもう嘘をつけない」 堤未香、角川新書)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 顔のない肖像... 東急沿線の不... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。