goo

鍵のことなら、何でもお任せ 黒野伸一

鍵を巡るお仕事小説であればミステリー要素も多いだろうし、海外では「解錠師」という名作もある。いったいどんな話だろうと読み始めた。冒頭から「町の鍵屋さん」の大変さが分かるエピソードが次から次へと描かれて、本当に大変な仕事なんだなぁと思いながら、物語にグイグイと引き込まれてしまった。当初予想したようなミステリー要素はほとんどないが、展開の早さ、仕事に対する主人公の矜持の自然さ、登場人物の魅力、読後の後味の良さなど、良いところが一杯の一冊だった。(「鍵のことなら、何でもお任せ」 黒野伸一、徳間文庫)

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 猫には推理が... とにかくうち... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。