goo

流されるにもほどがある 北大路公子

怠け者を自認する著者による「流行通信」ということで、著者も、「自分自身が流行の最先端について云々することは自己矛盾に近い」というようなことを言っている。確かに、これまで読んだ著者の本の内容からすると果たして大丈夫かと一抹の不安がよぎるが、読んでみると何のことはないいつも通りの著者であり、いつも通りの文章だった。本書の白眉は「走れハロウィン」。これは、今までに読んだどんな「流行通信」にも勝る大傑作だと思う。(「流されるにもほどがある」 北大路公子、実業の日本社文庫)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« みんなの朝ド... 猫が見ていた ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。