goo

桜風堂ものがたり 村山早紀

読み始めて本屋さんを舞台にしたよくあるお仕事小説だと思ったのだが、それでも話にぐいぐい引き込まれてしまった。書店員としての主人公の成長を描いた部分と、主人公とその仲間たちが一冊の小説をベストセラーに育てていく様子を描いた部分が並行して話が進む。ある本屋さんを退職した主人公が「桜風堂」という別の本屋さんに流れ着くのだが、そこでの話は続編のお楽しみということだ。内容としては、一冊の本がベストセラーになるまでに本屋さんがどのような活躍をするのかがよく判った。これでこの本が本屋大賞を取ったら、話として出来過ぎという感じだろう。(「桜風堂ものがたり」  村山早紀、PHP研究所)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 天皇「生前退... 雨利終活写真... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。