goo

サンタクロースのせいにしよう 若竹七海

著者の初期の頃の作品だが、ネットですんなりと購入できた。これだけ昔の本が絶版になっていないということは、ずっと読み継がれてきていることの証だろうか、著者の人気が一時的なものではないような気がして少し嬉しくなる。内容は、これまで読んだ作品のなかでは、あまりミステリー要素が強くない部類の話だが、ちょっとしたヒントからある出来事に対する別の考え方が見えてくるという趣向が冴えている。こうした少し脱力系ともいえる作品が、本格ミステリー隆盛だった時期から書かれていたというのはちょっと新しい気がしたし、短編ごとに「名探偵」役が変わっていくというのも目立たないがかなり斬新だと思う。大きなブレイクはないかもしれないが、読書のバラエティをこうした作品が支えてくれているということが実感できた1冊だった。(「サンタクロースのせいにしよう」 若竹七海、集英社文庫)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 雪煙チェイス ... ビブリア古書... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。