goo

デザインの誤解 水野学

東京オリンピック・エンブレムの盗作問題で誰もが考えさせられたのが、デザインの盗用とは何かという、そもそもの問題だった。疑惑をかけられたデザイナーの胡散臭さはTV画面を通しても伝わってきたが、どこからが盗作でどこからがそうでないかという境界線の問題は、素人目にもかなり厄介な問題を含んでいることが想像できた。さらにオマージュとかパロディという概念が持ち出されてくると一層訳が判らなくなる。そんなこともあって、今、自分の中でデザインというものに対する関心が高まっているように感じている。そんな時に本屋さんで本書を見つけて読んでみることにしたのだが、本書自体はそうした時事的な際物ではなく、「定番商品とは何か」という問いかけを通じて、デザインというものの本質とも言うべき様々な課題を提示してくれる内容の一冊だ。デザインというものが、商品の差別化のためのツールとしての役割が強調され過ぎてしまうと、本来担うべき機能性・快適性・安全性・単純性といった役割を十分に果たさなくなるのではないかとの危機感から、著者は「THE」というブランドを立ち上げたという。普通、定番商品というものは、様々な商品の中から、時間をかけた淘汰の過程で生み出されるものというイメージだが、著者はデザインという立場から淘汰の時間を省略してしまおうということだろう。実際にその定番商品のいくつかの開発過程が紹介されているが、それが色々なポイントをついていて、とにかく面白い。著者の冷静だが熱い思いが伝わってくる一冊だ。(「デザインの誤解」 水野学、祥伝社新書)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 交換殺人はい... 刑事の肖像 ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。