goo

おもてなしという残酷社会 榎本博明

日本の行き過ぎた「顧客第一主義」に警鐘を鳴らす一冊。東京オリンピック決定で「おもてなし精神」の向上が叫ばれているが、もともと「おもてなし精神」旺盛な日本でこれ以上向上させる必要があるのか、むしろ弊害の方が大きいのではないか、という問題提起が主な骨子。労働には、頭脳労働、肉体労働の他に、感情労働というカテゴリーがあるという。サービス業全体がそうしたカテゴリーに分類されるようだが、教師・介護・看護・コールセンターなどが特に顕著とのことで、それらの職場の実態を分かりやすく教えてくれる。オリンピックの盛り上がりに水をさすつもりはないが、普段の日本を体験してもらえば十分という著者の意見には説得力がある。(「おもてなしという残酷社会」 榎本博明、平凡社新書)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 江神二郎の洞... だいじな本の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。