goo

江神二郎の洞察 有栖川有栖

著者の本は、新刊が出たらすぐに読むとか、ある時期に一気に読んだことがあるということではないが、それでもかなりたくさん読んでいると思う。そんな付き合い方をいている作家だが、たまたまネットで見かけて面白そうなので読んでみることにした。著者に対するイメージといえば、「新本格の旗手」「日本のエラリークイン」といったところだろうか。本書を読んでまずびっくりしたのは、本書に著者の処女作が収録されていたこと。こうした形で著名な作家の処女作に出くわすとは思わなかった。各短編には、本筋とは別に、様々なミステリー談義がついていて、いかにも「ミステリー研究会」出身という感じの作品が並んでいる。その中で特に面白かったのは、ミステリーのどんでん返しにはきりがないというくだり。確かに名探偵が「これが真相」と言って事件が解決したようにみえても、犯人がそう推理する人間がいる事を想定してそう思わせるトリックを施していたということになれば、確かにきりがない。作家自身が、作家も読者も最終的にどこかで妥協しているという指摘をしているのが面白かった。(「江神二郎の洞察」 有栖川有栖、創元推理文庫)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« やりたい事は... おもてなしと... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。