goo

三つの悪夢と階段室の女王 増田忠則

人間、ちょっとしたことから他人の恨みを買ったり、不運に巻き込まれたりする。不条理な話と言えば不条理な話だが、本書にはそうした嫌な感じの話が4つ収録されている。4つの話は全く別の話だが、その嫌な感じがまさに粒ぞろいで、それだけで連作集というような雰囲気を醸し出しているのがすごい。本作がデビュー作とのことだが、この著者これからどういう方向に向かっていくのかとても気になる。(「三つの悪夢と階段室の女王」 増田忠則、双葉社)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ポーの一族・... ヤバい現場に... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。